腕時計 - Wikipedia hublot wiki

腕時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動先: 案内 、 検索 シチズン プロマスター(アナログ式腕時計) ディジタル式の腕時計( カシオ 普及品) 革製バンドの腕時計( タイメックス ) ジラール・ペルゴがドイツ海軍将校用に製造した史上初の量産型腕時計 布製バンドの腕時計(第一次世界大戦期の軍用保護カバー付き) クロノグラフ ((もともと機械的に実現した)針表示によるストップウォッチ機能を搭載。シチズン製) 横から見たところ、金具や二重のベルトが特徴 分解した腕時計

腕時計(うでどけい)は、ベルトによって 手首 に巻くことで携帯できる 時計 である。

目次

概説 [ 編集 ]

ベルト(帯、バンド)に時計本体が結合・固定され、これを 手首 に巻いた状態で携帯でき、か mruldlcr. Omega-Seamaster 300m視認できる小型の 時計 である。

英語では 懐中時計 ( 英語 : pocketwatch )も含んでウォッチ( 英語 : watch )、あるいは特に区別する場合はリストウォッチ( 英語 : wristwatch )と言う。日本語では「時計」で総称されているが、英語ではこれら以外の置時計や 掛時計 といった身につけない時計はクロック( 英語 : clock )であり、日本でも業界ではもっぱらこの英語における分類に準じて扱われている [1] 。

19世紀 以降、携帯用の時計として一般的であった懐中時計は、時刻を読もうとするたびにわざわざポケットから取り出す(場合によってはさらに、風防ガラスを保護するための金属製の蓋を開ける)時間のかかる動作をしなければならなかったが、手首に巻いておけば、即座に時刻を読み取れるという利便性がある。また行動中に懐中時計を視認する場合、手のひらに持って視認する必要があり、時間確認の間は時計を持った手がふさがってしまうが、手首に巻いておけば視認の動作は一瞬であり、いつでも両手の手・指が全部使える。ただし、邪魔にならないような形で腕に時計を巻きつけるためには、時計を充分に小型化する必要があり、それは決して容易ではなかった。懐中時計に代わって本格的な普及が始まったのは20世紀に入ってからである。

当初は先行した懐中時計同様、 ぜんまいばね を動力源とし、ヒゲゼンマイ・天符・ガンギ車・アンクルなどから成る 脱進機 を計時機構とする機械式時計であった。機械式腕時計は、懐中時計の生産で先行した スイス などの国々が世界的な市場を占有し、1970年代までの主流であった。

これに対し、1960年代に腕時計として実用化された 水晶発振 計時の クォーツ式 は、より高精度であり、また 日本 のメーカーの活動によって短期間で比較的安価に量産が可能となったことから、以降は圧倒的に多く普及することになった。21世紀初頭現在でも、大衆向けの実用腕時計の駆動方式は クォーツ式 が一般的で主流である。ただし、旧来の ぜんまい 動力で動く 機械式時計 は、製造に手間がかかり製造コストが高く、結果としてわざわざ機械式を用いることは「希少性」を感じさせるので、現在では主として(実用性を主眼としない)「高級価格帯の製品」の機構として用いられている。なお、世界的には 電池 入手が容易でないなどの理由から機械式の腕時計が専ら用いられている地域も存在する。

最初は単に時刻を示す機能しかなかったが、その後さまざまな機能を付加させる試みが行われた。例えば、ストップウォッチ機能の付加(「 クロノグラフ 」)、 月齢 や 潮 の満ち干を表示するもの、等々である。 防水性 を高める努力も行われ、ついには潜水用の腕時計も登場した(「 ダイバーズウォッチ 」)。

使う人により、どのような意図で腕時計を用いるかは異なる。時刻や時間を知るために用いるのが基本ではあるが、たとえば登山家・ダイバー・スポーツマンなどのためのモデルは、単なる時刻・時間の表示機能の他に高度な耐候性・耐久性・付加機能の付いた実用品である。他人に見てもらうための ファッション ( 服飾 )アイテム、一種の 装身具 として用いる人もいる。

時代が進むにつれ腕時計の大衆化と必需品化が進行し、20世紀末期には、先進国で職業を持つ人々の多くが腕時計をつけているような状況であった。近年では時計機能を内蔵した 携帯電話 や スマートフォン が普及したことで、携帯できる時計の機能はそれで済ませ、腕時計を着用しない人が増え、販売数は減少傾向にある。

歴史 [ 編集 ]

略式年表 [ 編集 ]

腕時計の誕生 [ 編集 ]

腕時計の最古の記録はジュネーブの時計商 ジャケ・ドロー&ルショー が 1790年 のカタログに記載されたものと言われている [11] 。また、現存する最古の腕時計はパリの宝石商が 1806年 に製作した、時計を組み込んだエメラルドのブレスレットとされている。 1810年 には時計細工師のブレゲがナポリの王妃( カロリーヌ・ミュラ )のために、金髪と金で編んだベルトで腕に装着できる卵型の時計を製作して2年後に完成させた(現在は行方不明)。このように宝飾品として製作された例は以前からあったがほとんどが一点物であり、普及したものはなかった。

腕時計が製品化された契機は、 軍 からの需要である。 懐中時計 を片手に砲撃のタイミングを計測していた砲兵が手首に懐中時計をくくりつけて使用する工夫から始まったとされている。ドイツ軍がこのアイデアの製品化を時計メーカーに打診している。 1879年 に ドイツ 皇帝 ヴィルヘルム1世 が ドイツ海軍 用として ジラール・ペルゴ に腕時計を2,000個製作させたという記録が残っている [12] 。この時計は網目状の金属製カバーを備えていた。

その他草創期の使用例としては 1899年 の ボーア戦争 でイギリス軍将兵が懐中時計を手首に革ベルトで装着した例がある。当時は ホレイショ・キッチナー の名を取り「キッチナー・ベルト」と呼ばれた。

初期の腕時計 [ 編集 ]

オメガ は世界に先駆けて 1900年 に腕時計を商品化し、 1902年 には広告を打っている。しかし当時は女性用懐中時計の竜頭位置を横に変えて革ベルトに固定しただけのものでデザインの無骨さから、一般に普及することはなかった。その後腕時計専用のケースとムーブメント開発が行われるようになったが、依然として男性用は 懐中時計 が主流で、腕時計は正式な存在とは見なされなかった。

特定ブランドの腕時計として最初に人気製品となったのは 1911年 にフランスの カルティエ が発売した角形ケースの紳士時計「サントス」である。「サントス」の原型は、ルイ・カルティエが友人の飛行家で富豪の アルベルト・サントス・デュモン に依頼され、 飛行船 操縦中の使用に適した腕時計を製作したものであった。後年その洗練されたデザインがパリの社交界で話題となり、市販されるに至った。「サントス」はスポーツ・ウォッチの古典となり、21世紀に入った現在でもカルティエの代表的な製品の一つとして市販されている。

第一次世界大戦 は腕時計の普及を促す契機となり、男性の携帯する時計は懐中時計から腕時計へと完全に移行した。戦後には多くの懐中時計メーカーが腕時計の分野へ転身した。

第二次世界大戦以前からの主要な腕時計生産国としては、懐中時計の時代から大量生産技術と部品互換システムが発展していた アメリカ合衆国 のほか、古くから時計産業が発達した スイス 、 イギリス 、 ドイツ などがあげられるが、後にイギリスのメーカーは旧弊な生産体制が時流に追いつかず市場から脱落し、ドイツのメーカーは廉価帯の製品を主体とするようになった。アメリカのメーカーも1960年代以降に高級品メーカーが衰亡してブランド名のみの切り売りを行う事態となり、正確な意味で存続するメーカーは大衆向けブランドの タイメックス のみとなった。

スイスでは時計産業が膨大な中小零細企業群による分業制に基づいて形成されており、廉価品から高級品まで広い価格帯の製品を供給することができた。業界全体の連携が進み、1920年代以降は産業防衛目的のカルテル構築が本格化、1934年にはスイス連邦政府が政令による時計産業保護(ムーブメント部分のみの輸出に起因する国内時計産業の空洞化防止や、他国の時計産業伸長を防ぐ目的の時計製造機械の輸出管理等)に乗り出した。スイス時計産業の独特な構造は1960年代までスイス時計の国際競争力を維持し、最盛期には自社でムーブメントを製造できる一貫生産メーカー( マニュファクチュール )のほか、多数のムーブメント専業メーカーに支えられた有名無名の膨大な時計ブランド(エタブリスール)を擁した一方、業界全体の近代化では後れを取る結果となった。

なお、スイスメーカーのムーブメントを部品として輸入して、ケース製作と最終組み立てのみ輸入国で行う ノックダウン生産 手法の一種「シャブロナージュ」(chablonnage)は、 関税 抑制の目的で懐中時計時代の19世紀末から見られ、腕時計主流の時代になっても盛んに行われた。20世紀に入ってからはアメリカの大手時計メーカーの一部が、スイスに自社現地工場を置いてムーブメント生産を行い、人件費を抑制(当時、大量生産技術をもってしてもアメリカ本国の人件費はすでに高くついていた)しつつスイス時計業界・スイス政府の利益逸出政策を回避する動きも生じた。

ジャガー・ルクルト 製自動巻腕時計の内部

自動巻腕時計 [ 編集 ]

セイコー ・プレスマチックのムーブメント。上部に回転式ローターが見える

自動巻腕時計( Automatic watch )とは、時計内部に半円形の錘(ローター)が組み込まれており、装着者が腕を振ることにより錘が回転し動力の ぜんまい を巻き上げるものである。錘を仕込んだ自動巻機構自体は懐中時計用としてスイスの アブラアン=ルイ・ペルレ ( 英語版 ) により 1770年 頃に発案されていたが、ポケットに収まった安定状態で持ち運ばれる懐中時計よりも、手首で振られて慣性の働きやすい腕時計によりなじむ技術であった。それに対してブレゲは振り子による自動巻き「ペルペチュエル」を開発したが、構造が複雑だったため一般には普及せず、19世紀の懐中時計のほとんどは鍵巻き及び、 パテック・フィリップ の創始者の一人である アドリアン・フィリップ ( 英語版 ) が 1842年 に発明した竜頭による手巻きであった。

最初の実用的な自動巻腕時計となったのはイギリスの ジョン・ハーウッド ( 英語版 ) が開発した半回転ローター式(ローターの片方向回転時のみでぜんまいを巻き上げる)で、1926年にスイスの フォルティス から発売された。続いてより効率に優れる全回転式ローター自動巻(ローターの回転方向を問わず歯車機構の組み合わせで一定方向の回転力を取り出し、ぜんまいを巻き上げられる)がスイスの ロレックス で1931年に開発され、同社は「パーペチュアル」の名で市販、オイスターケースと呼ばれる防水機構とともにロレックスの名を広めた。その後も各種の全回転ローター自動巻システムが考案され、現在の自動巻腕時計では全回転ローター式が一般化している。また、ローターの形状もペルレの時代の半円状から、外周部に 金 などの 重金属 を使用したり中抜きした形状にするなどして回転効率を向上させている。

自動巻腕時計の多くは竜頭を用いてぜんまいを手巻きすることもできるが、構造を簡素化する目的で自動巻専用としたものもある。自動巻は装着されている間ぜんまいの力が適度な程度に蓄えられ、手巻き式に比べて精度が高くなる傾向がある。身に付けていない場合には ワインディングマシーン にセットしておくことでぜんまいを巻き上げておけるため、機械式腕時計の収集家がその種の装置を用いる例が見られる。

日本の腕時計 [ 編集 ]

日本では 1913年 、 服部時計店 が国産初の腕時計「ローレル」を発売しているが、その7石ムーブメントは懐中時計との共用品であった。サイズの制約が厳しい腕時計の技術でスイスやアメリカの製品に比肩することは容易でなく、日本製腕時計への評価は当の日本でも 第二次世界大戦 後まで決して高くなかった。1957年時点でも日本の腕時計市場ではスイス製品が大いに幅を利かせ、スイス時計は年間で約200万個程度が流入していたが、そのうち正規ルートで輸入されたのは30万個程度であとの大部分は密輸入だったという [13] 。上級価格帯では オメガ や ロンジン 、廉価品ではエニカ、ジュベニア、シーマといったスイス系銘柄の人気が高かった。

それでも1950年代以降、日本の腕時計の技術は着実に進歩して国内の廉価帯市場では輸入品を圧するようになり、1960年代以降は カメラ と並ぶ主要な輸出商品となった。手巻きロービート式が標準であった当時、上位2ブランドから送り出されたセイコー「マーベル」(1956年発売)、シチズン「ホーマー」(1960年発売)は、共にスイス製腕時計を参考にしつつも、高精度と自動生産化を両立させるための構造合理化・パーツ大型化などが試みられ、両社の技術的なターニングポイントとなった製品である。 1955年 には国産初の自動巻腕時計「セイコーオートマチック」が発売され、その後も「グランドセイコー」(1960年)、「 シチズン クロノメーター」(1962年)など、スイス製に匹敵する精度の国産時計が登場した。耐震機能や防水機能の装備、自動巻きやカレンダー機構の導入も急速に進行した。 1964年 には 東京オリンピック の公式計時機器として海外メーカーを抑え セイコー が採用された。セイコーは電子計時を採用し、オリンピックで初めて計時に関してノートラブルを実現した。これを契機に日本製腕時計が世界的に認められるようになる。

日本の主要な腕時計メーカーは、 電卓 分野からエレクトロニクス全般に成長した総合メーカーである カシオ計算機 を除くと、すべて懐中時計や柱時計の分野から参入した企業である。セイコーと シチズン時計 、カシオの3社が主要大手メーカーである。機械式腕時計時代の国産第3位であった オリエント (吉田時計店→東洋時計が前身)は業績不振から現在は セイコーエプソン 傘下にて存続する。 リコーエレメックス は柱時計メーカーに起源をもつ旧・高野精密工業の後身で、1957年から「タカノ」ブランドで腕時計を生産したが、中京圏に本拠があったため1959年の 伊勢湾台風 で大被害を受けて業績悪化、1962年に リコー に買収され、のち腕時計ブランドもリコーに変更した。

精度向上と電気動力化 [ 編集 ]

機械式の腕時計には振り子の代わりとなるテンプが組み込まれており、その振動数が高ければ高いほど時計の精度は上がる傾向がある。並級腕時計のテンプは振動数が4 - 6回/秒のロービートだが、高精度型腕時計では8 - 10回/秒の多振動となっておりハイビートとも呼ばれる。現代の機械式時計のうちスイス製の多くはハイビートであり、また日本製でも上級品はハイビートが多い。ただしハイビート仕様とすると部材の疲労や摩耗が早まり、耐久性では不利である。

電池エネルギーで作動する腕時計はアメリカの ハミルトン が開発し、1957年に発売した「ベンチュラ」が最初である [14] 。これは超小型モーターで駆動する方式で、調速の最終段階には機械式同様にテンプを使っていた。ボタン状の小型電池を使う手法は、以後の電池式腕時計に踏襲されている。

ブローバアキュトロン(1963年製造品)。電子部品とともに中央に音叉が見える

1959年にはやはりアメリカの ブローバ が 音叉 式腕時計「アキュトロン」を開発した [15] 。超小型の音叉2個を時計に装備して、電池動力で振動を与え、音叉の特性によって一定サイクルの振動を得る。この振動を直接の動力に、一方向のみへ駆動力を伝えるラッチを介して分針時針を駆動するものである。振動サイクルは毎秒360回とクォーツ腕時計登場の前では最高水準の精度であったが、ブローバが技術公開やムーブメント供給に積極的でなかったこともあり 1976年 には生産を終了している。

クォーツ腕時計 [ 編集 ]

「 クォーツ時計#歴史 」も参照

クォーツ時計 自体は1920年代に発明されていたが、当時は能動素子に 真空管 を使用していたため、 タンス 並に大きな据え置き式時計となり、しかも高価なことから、天文台等の研究機関や放送局における、極めて精度の高い計時手段を要する需要でわずかに利用されただけだった。クォーツ時計が携帯可能なサイズとなって一般に広く使われるようになるには、 集積回路 が安価に利用できるようになる1960年代を待たなければならなかった。

ブローバのアキュトロンに危機感を抱いたセイコーは「遠からず水晶時計の時代が来る」と確信し、1959年に クォーツ 腕時計の開発プロジェクトをスタートした [16] 。

1967年 、世界初の アナログ回路 を用いた クォーツ 腕時計のプロトタイプが登場した: スイス のCentre Electronique Horloger (CEH) によるBeta 1 [17] 、および日本のセイコーによる アストロン のプロトタイプである。

1969年 [18] 12月 [19] 25日にセイコーは世界初の市販クォーツ腕時計「アストロン」を発売した [20] 。当時の定価は45万円で当時42万円だった大衆車 トヨタ・カローラ よりも高価であった [21] [22] 。振動数の高さは圧倒的で、機械式はおろかブローバの音叉式「アキュトロン」をもはるかにしのぐ日差±0.2秒以内 [23] 、月差±3秒以内 [24] という高精度を実現した。銀電池で1年以上駆動する [25] 。

ウォッチに限らずクロック等、あらゆる クォーツ時計 に共通のことであるが、水晶発振子の周波数には、単純な2分周の繰返しで1秒を得られるなど扱いやすい32,768Hz(=2 15 Hz)がもっぱら使われている。

クォーツショック [ 編集 ]

クォーツ腕時計は、機械式やそれ以前の各種電池式に比べ圧倒的に誤差が少ないこと、セイコーが 特許の公開 ( 英語版 ) を行ったため各社が製造に参入し急速に コスト削減 ( 英語版 ) が進んだことから、1970年代に市場を席巻した。なおスイス側から見てスイス国内の時計生産はセイコーにおける クォーツ時計 の量産により瀕死の状態まで追い詰められたため、これを「クォーツショック」と呼んでいる。

ディジタル腕時計 [ 編集 ]

アストロン発売と同時期の1970年に、初の、文字表示式のいわゆる ディジタル時計 式の腕時計すなわちディジタル腕時計、アメリカの ハミルトン の「パルサー」が発売された。しかしパルサーは 発光ダイオード (LED)を表示器に使用していたため実用性に問題があり、実用的なディジタル腕時計の実現はその後の 液晶 表示器(LCD)の導入以後である。当初は物珍しさもあり極めて高価な価格設定の製品とされた。だがすぐに、可動部品が皆無な構造で大量生産に適するという電子機器の常で低価格化が促進され、現代では一般にアナログ式より廉価な存在となっている。

その後アラーム機能、ストップウォッチ機能など、腕時計の高機能化と低価格化が同時に進み、かつて高級品であった腕時計は、子供でも買えるような身近な存在となって消耗品化した。それ以前のような定期的な分解掃除が不要となり、在来型機械式時計を取り扱う技術者(時計師)を擁する時計店が日本全国で3万軒、廃業の縁に立たされたともいう。

機械式の復権と日本メーカーの凋落 [ 編集 ]

1980年代に入ると、精度ではクォーツに劣るものの熟練工によって作り上げられる機械式の腕時計の良さが再評価され始め、スイス製の高級機械式腕時計が徐々に人気を取り戻してきた。

クォーツ時計 登場以降、欧州では機械式時計のメーカーやムーブメント製造を行う専門メーカーの再編と淘汰が進み、コストカットの観点から部品の製作・加工に自動化設備が導入され、世界的な規模でムーブメントの共有化が進んだ。その結果、スイスの エタ がヨーロッパの機械式腕時計業界へのムーブメント供給で大きなシェアを占めるようになった。このため、高級ブランドは大衆ブランドと同型のムーブメントを共用しつつ、ケーシング(精度、仕上、耐久性、デザイン等を決定する最終組立)による差別化に技術とコストを集中できる状況となった。

一方で マニュファクチュール と呼ばれる、一部の特殊なパーツを除きムーブメントの開発・製造から組み立て、仕上げまでを一貫して行えるメーカーも存在する。

時計製造を専門としない無名のアッセンブリーメーカーがアジア製の廉価なクォーツムーブメントをやはり廉価なケースに収めて実売1000円 - 3000円程度の格安価格で流通させる事例は、1980年代以降の日本でも一般化した。この種の無名な廉価時計は中国などで組み立てられるものが多く、また在来の時計商の卸売ルートでなく、時計販売を専門としない雑貨卸売のルートで市場に流通したことから、時計業界では「雑貨時計」と呼ばれた。その種の廉価時計は、当初こそ特にケース回りの製造品質低劣を露呈して不評を買った(分解・修理を配慮しない粗末な設計で、市場に出回り始めた初期には在来の時計店からは電池交換を断られがちであった)が、精度自体はクォーツ方式のため必要な水準に達しており、1990年代までにはケースの設計・組立技術も向上して防水面等でも十分な実用性を備えるに至ったため、世界的に量販価格帯を席巻した。

このようにして手軽かつ高機能なクォーツ時計と、高級な工芸品・嗜好品の機械式時計という位置づけで棲み分けがなされるようになった。

スイス製の機械式腕時計が右肩上がりの成長を始めるのと同時に日本製のクォーツ式腕時計の業績は急激に悪化し、さらにアジア製のクォーツ時計との価格競争に敗れ、大幅にシェアを奪われた。しかも日本メーカーは自らが生み出したクォーツ技術により、1970年代以降世界的に認められていた機械式時計技術を持つ職人をほとんど失っており、苦境に立たされた。

新たな腕時計の模索 [ 編集 ]

1980年代なかばから、完全に コモディティ化 した方式の針式や液晶ディジタル表示の腕時計に変わる、新たな付加価値を模索する動きが始まった。以下に各社の動向などを記す。

セイコーは復権をかけ、高級機械式腕時計として1960年代に名声を博した「 グランドセイコー 」などを復活させるなど、機械式腕時計に再度力を入れた。機械式ばかりではなく、ビスカススイープ・キネティック・スプリングドライブなど新方式の研究も進め、実用化している。2000年代に入ってからはクレドールブランドの超高価格帯製品「スプリングドライブ ソヌリ」などや「 セイコー・スペクトラム 」のような新コンセプトのモデルも作っている。

ビスカススイープはクォーツ腕時計で音叉時計のようなスイープ運針を [26] 、ダンパとばねにより実現した方式であったが、採用したムーブメントは1988年の5S21と90年の5S42にとどまった。

キネティック(AGS)は1988年にセイコーが発売した、世界初の自動巻き発電クォーツ腕時計「セイコー オートクオーツ」のムーブメントに使用された方式である [27] 。発売時は機構名をAGS(Automatic Generating System)としていたが1997年にキネティックに変更された。キネティックは自動巻き時計と同様にローターを内蔵し、腕の振りによって発生したローターの回転を歯車で約100倍に増速し発電した電力をキャパシタに蓄える電池交換不要のクォーツ腕時計である。装着していない時には省電力のため針の動きが自動的に停止し、再び装着され振動が与えられるとそれを感知して自動的に現在時刻に復帰するオートリレー機能を組み込んだ「キネティックオートリレー」、小の月だけでなくうるう年においても正しい日付を示すパーペチュアルカレンダーの「キネティックパーペチュアル」、手巻き充電にも対応し、パワーリザーブ表示機能を持つ「キネティック・ダイレクトドライブ」もある。

スプリングドライブは1999年にセイコーがリリースした [28] 、機械式ムーブメントに水晶振動子を使用した調速機構を組み込み、動力源にぜんまいを使用しながらクォーツ時計と同等の高精度を実現したものである [29] 。手巻きあるいは自動巻きによって巻き上げられたぜんまいは針を動かすと同時に発電を行い、その電力によって水晶振動子を備えた調速機構を動作させる [30] 。このため機械式調速機構で使用されるテンプや、クォーツ時計で使用される電池が不要である。セイコーではこのスプリングドライブを「メカニカル式とクオーツ式に並び立つ第三の駆動機構」と位置づけている [31] 。

シチズンの「エコ・ドライブ」は 光発電 によって駆動する。また外気温と装着者の体温の差を利用し ゼーベック効果 によって発電した電気エネルギーを動力源にする「エコ・ドライブ サーモ」の腕時計もあった(現在、エコ・ドライブ サーモを適用した腕時計は販売していない)。

カシオ計算機 は「腕時計は床に落とせばたやすく壊れる」という常識に反し、2〜3階から落としても壊れないという耐衝撃性能を備えたタフな腕時計、 G-SHOCK (Gショック)を1983年から発売した。このGショックはその頑丈さを買われ、過酷な状況にある 湾岸戦争 や イラク戦争 などの戦場で兵士たちに愛用されていたという。最初はディジタルウォッチのみの展開であったが、1989年にはアナログ(デジアナ)ウォッチもラインナップに加えた。日本ではそうした堅牢性を重要視される事は殆ど無く耐衝撃を考慮したやや厚めのサイズと無骨なデザインということもあって発売早々ヒットとはいかなかったが、90年代に映画作品などで登場したり(販売推進部の策として、登場させたり)、また商品 収集 ブームも視野に入れ、「 限定商品 」を多数投入する 販売推進 策も採用し、それによって一人が多数購入するようにしむけた結果、販売数の大躍進に至った。

スウォッチ は、安価なクォーツ時計に鮮やかな色彩、有名アーティストによるデザイン、少数限定販売という付加価値を与えることでコレクションアイテムとしての性格を備え、ユーザーの支持を集めた。ディジタル表示腕時計の生産に踏み切った際は、 ニコラス・ネグロポンテ の協力を得て インターネットタイム を提唱したが普及には至っていない。

2010年頃において、壁時計では秒針の音を避けるなどの目的でスウィープ運針のものも多いが、クォーツ腕時計は、セイコーの超高級ラインのスプリングドライブ機を除き全て秒刻みの運針であった(壁時計ではリズム時計工業がサイレントステップという新しい方式を発表している(製品はシチズンブランド))。シチズンの技術により傘下の ブローバ から、毎秒16回駆動のクォーツ腕時計が発売された。シチズンとブローバは以前に音叉式腕時計で提携し、ブローバからの技術導入でシチズンが国産化した、という経緯がある。

また、機械式腕時計における、脱進機の新機構の考案も続いている。スイスの老舗メーカーである ユリスナルダン が 2001年 に発表した「フリーク」は新しい脱進機の導入により、 潤滑油 を不要としている。オメガは ジョージ・ダニエルズ が発明した「 コーアクシャル 」と呼ばれる新機構を導入し、機械式時計の心臓部である調速機構との動力伝達を果たす脱進機機構(アンクル爪、ガンギ歯)における摩擦の大幅な低減に成功している。さらに近年では「フリーク」「 コーアクシャル 」に追随するように独自の脱進機を開発したり、ガンギ車やアンクル、ヒゲゼンマイに シリコン や新たな特殊合金などの先端素材を採用したりして、オイルフリーや精度向上を目指す動きもあり、さながら脱進機革命とも呼ぶべき状況が生まれつつある。

2013年5月のBaselworld( バーゼル・フェア )において、 スウォッチ はSistem51を発表し [32] 、同年末頃発売を開始、日本では翌14年春頃から販売している。Sistem51は通常10万円以上するような機械式自動巻き腕時計と同程度の性能を持ちながら、スウォッチの発表によれば完全機械化された製造工程と「51」の由来である部品数など現代的な再設計により [33] 、スウォッチの他のクォーツ式と同様のファッショナブルなスタイリングと同程度の価格帯における新しいコンセプトとしての機械式を提案した腕時計である(トラディショナルなスタイリングで廉価な機械式としては セイコー・ファイブ などがある)。

電波腕時計 [ 編集 ]

1990年 、 ユンハンス が世界初の電波式腕時計『メガ1』を発売した [34] 。1993年、シチズンは世界初の多局受信型電波時計を発売した。電波式腕時計は、2000年代に入ってから売れ行きを伸ばしている。

電波時計 は、 標準電波 を受信することにより時刻を自動的に補正する。基本的にはクォーツ方式で時を刻むが、一日に数回、 原子時計 で管理された標準電波を送信局から受け取り、自動的に正しい時刻に修正するため、電波を受信できる環境にあれば誤差が蓄積せずいつまでも正しい時を刻むことができる。

衛星電波腕時計 [ 編集 ]

「GPSハイブリッド電波ソーラー」腕時計(カシオ)

2011年 、シチズンが世界初の 人工衛星 を使った衛星電波式腕時計『エコ・ドライブ サテライトウエーブ』を数量限定で発売した [10] 。また、2012年にはセイコーが GPS衛星 を使った衛星電波式腕時計『アストロン』を発売した [35] 。

2014年7月にはカシオから、衛星電波または地上標準電波どちらかを受信して時刻修正する世界初 [36] の機能『GPS ハイブリッド 電波ソーラー』を搭載した G-SHOCK が発売 [37] され、10月にはフルメタルボディーの OCEANUS にも搭載された [38] 。

電波時計と違い、送信局を経由して時刻修正することが不要となり、屋外で位置情報が受信できる環境にあれば現在地時刻を取得できることが可能となる。

時計付き携帯電話 [ 編集 ]

時計付きの 携帯電話 の普及により、手首の腕時計を見るのでなく、 懐中時計 のように、携帯電話を取り出して時間を確認するという、20世紀初頭の時代へ逆行するような現象も一般化しつつある。日本では、「腕時計を身に付けている時でも、ほとんど携帯電話で時刻を確認している」という人がほぼ半数を占めるという調査結果もある [39] 。

試験会場への持ち込み禁止 [ 編集 ]

Apple Watch などの ウェアラブルコンピュータ (スマートウォッチ)の登場により イギリス の ロンドン大学 ではあらゆる腕時計について、携帯電話と同様に会場に持ち込まないよう通達を出し、かわって試験中の時間確認のための置時計を購入する予算を組んだ。日本でも、 日本英語検定協会 が実施した IELTS のテストで、腕時計の全面的な持ち込み禁止のほか、受付時にメガネの確認を行うという、スマートウォッチはもちろんスマートグラスにも対応したルール改定を行った [40] 。

防水腕時計 [ 編集 ]

ムーブメントを水分から保護する仕様のケースを装備した腕時計を 防水 腕時計と呼ぶ。現在では一般に市販されている腕時計の多くが、何らかの防水仕様を備えている。規格については一般用耐水時計の規格として、ISO 2281/JIS B 7021 に記されている。古い防水時計では "Waterploof"ないしはそれに類する表記がされている事例が見られるが [41] 、今日の防水時計はいずれも "Water Resistant" またはそれを略した"Water Resist"等が表記に用いられる。 

腕時計の防水機能は、「気圧」もしくは「水深 (m/ft)」で表される。基本的には、小雨に打たれたり日常の水仕事で水がかかっても大丈夫というレベルの「日常生活防水」(3 - 5気圧防水)、水泳や潜水などで着用する10 - 20気圧防水、そして本格的な ダイビング に使用される潜水用腕時計(数百メートルから極端なものでは一万メートル防水も)までさまざまなレベルがある。 表示の見方については注意を要する。「3気圧防水」と言っても、「水深30メートルまで潜っても大丈夫」というわけではない。この気圧は、静止した状態でこの水圧に耐えられるという意味であり、3気圧防水程度では水泳等の使用は保証されない。水深で表される場合には実際に表記どおり潜ることも可能な性能を持つが、メンテナンスを怠ると性能を充分に発揮できずに浸水する場合があるので、注意が必要である。

防水強度表 使用例 飽和潜水用
300m防水 空気潜水用
200m防水 日常生活強化
20気圧防水 日常生活強化
10気圧防水 日常生活強化
5気圧防水 日常生活
防水 非防水 JIS B 7023 / JIS B 7021 による規定 2種潜水時計 1種潜水時計 2種防水時計 2種防水時計 2種防水時計 1種防水時計 雨や手洗いの際の水しぶきに耐えうる程度の使用 ○ ○ ○ ○ ○ ○ 水仕事(炊事・洗濯)に耐えうる程度の使用 ○ ○ ○ ○ ○ ヨット・ボート等のマリンスポーツ、釣りなど船上作業。プール等での軽い水中使用 ○ ○ ○ ○ 競泳、 素潜り ・ シュノーケリング 等の浅い水中での使用 ○ ○ ○ スキューバダイビング など空気潜水での使用 ○ ○ 飽和潜水 での使用 ○

ねじ込み式竜頭 [ 編集 ]

この種の時計は第1次世界大戦前後に出現しており、初期の発想としては、ガラスののぞき窓と竜頭操作用のねじ込み蓋を備えた別体ケースに腕時計を入れ、ケースごとベルトで装着するものがあった。これは防水性は確保できるがかさばって使いにくく、体裁も悪かった。

早い時期に近代的な防水構造を採用した代表例は1926年の ロレックス である。オイスター社が開発した削り出しによる一体構造の「オイスターケース」方式を採用したもので、腕時計本体のケースにねじ込み竜頭を備え、従来よりコンパクトでスマートな防水時計を実現した。1928年にはロレックスを装着した女性記者 メルセデス・グライツ が ドーバー海峡 横断遠泳に成功、ロレックスの防水性を広く喧伝した。

Oリング防水 [ 編集 ]

ねじ込み式竜頭は原理自体は理想の方法だが、ぜんまい巻き上げや時間合わせで頻繁に竜頭を使うと、摩耗して気密性が下がる弱点がある [42] 。それに代わる簡易な手段として裏蓋や竜頭部分のパッキンに Oリング と呼ばれるゴムリングを使い防水性を確保する手法が広まった。リングの個数を増やせば気密性が高まり、またリングの老化で気密性が下がってもリングの交換で復旧できる。あわせてケース材質をさびにくい ステンレス 製とすること、頻繁な開閉を考慮せずともよい裏蓋部分を極力扁平なねじ込み蓋にして密閉性を高める手法も一般化した。

Oリング方式は第二次世界大戦中には連合国側で通常型の軍用時計に広く使われ、戦後は大衆時計にまで普及した。ねじ込み式竜頭と併用してより厳重に防水する手法も行われており、現在ではもっとも一般的な防水法である。だが初期のOリング式防水時計は現代で言う「日常生活防水」レベルの防水性能がほとんどであったため、日本でも大衆向け価格帯の分野に防水時計が出現した1960年代前期に、メーカーの宣伝とも相まって、ユーザーが防水性を過信して着用したまま入浴や水泳を行い、水の侵入で時計を故障させるトラブルが続出したことがある。

一部のメーカーは耐久性の要求される時計について、一種の多重ケース構造に近い手法とOリングの併用で気密性をさらに高める方法を採った。「オメガ・シーマスター」シリーズの高性能版はその代表例である [43] 。

クォーツ時計では廉価に電池交換を請け負う店舗が(専門の時計店以外にも)広く存在するが、この際に防水Oリングの組み込み、再組立てが時計メーカーでの生産工程同等に厳密になされるかは(一部例外を除いて)確証できない。従って、電池交換の際に「電池交換後は防水機能を保証できない」とする時計店もあるが、電池交換時に新品Oリングと無料交換する店もある。

時計専門店であれば電池交換時にOリング交換はもちろんのこと、防水検査も実施される。ただし、有料オプションの場合もある。

メーカーでの電池交換は、例えばカシオではOリング交換と防水検査は必須となっておりこれらを省くことはできない。

ダイバーズウォッチ [ 編集 ]

詳細は「 ダイバーズウォッチ 」を参照

夜光塗料を塗布した文字盤を装備して暗い水中でも視認でき、ねじ込み式竜頭やOリングなどで防水機能を確保することで、水深100m以上の水圧に耐えられる「 ダイバーズウォッチ 」は、1930年代に軍用向けに出現した。潜水時間を管理する安全上の理由からも夜光防水時計は必須だったのである。 オフィチーネ・パネライ のダイバー用大型腕時計はその初期の例であるが、本格的な普及は第二次世界大戦後である。1943年に ジャック=イヴ・クストー が考案したアクアラング装置が戦後に広まり、スキューバダイビングが容易になったことが普及の契機と見られる。

宝飾腕時計 [ 編集 ]

美術工芸品としての腕時計もある。材料に 金 や 銀 などの 貴金属 をふんだんに用い、 ルビー や ダイヤモンド といった 宝石 を散りばめた華美な装飾品としての腕時計である。極端なものでは、風防に数カラットの大粒ダイヤモンドを用いるなど、数億円の腕時計まで存在する。メーカーで製造されるものもあるが既存の時計を加工して作る場合もあり、アフターダイヤなどと呼ばれて区別されることもある。

こうした時計は、クオーツ式ではなく機械式であることが多い。

視覚障害者用時計 [ 編集 ]

視覚障害者が時間を確認できるように、指で直接針や文字盤を触れるようにした腕時計。文字盤には突起が設けられており、時間を確認する時には、文字盤を覆っているカバー部分を開いて指で触れるようになっている。無論通常の腕時計としても使用可能である。手法自体は先行して出現していた視覚障害者用の懐中時計からの踏襲である。

またこのような腕時計とは別に、音声で時刻を知らせるディジタル式の視覚障害者用時計も存在する。

防水機能は施されていないことが多い。

複雑腕時計 [ 編集 ]

時刻表示に加えてさまざまな機能を有するアナログ式腕時計のことを「複雑腕時計」あるいは単に「複雑時計」と呼ぶ。機械式腕時計のトゥールビヨン、ミニッツリピーター、永久カレンダーは評価が高く、非常に高価である。一方で永久でないカレンダー機能、サン&ムーン表示及び電子音の時刻音(リピーター、ソヌリ、アラーム)機能はこれに含めないことが多い。単純なカレンダーや電子アラームを除いては、実用よりも趣味性が強いものである。複雑腕時計は機能が複雑になるほど文字盤(ケース)の厚さが増す傾向がある。機能が少ないもの(1針から3針で,以下の機能を備えていない時計)は薄くなる傾向がある。

クロノグラフ 時刻を表示する機能に加え ストップウオッチ の機能も組み込んだ時計のことをいう。 詳細は「 クロノグラフ 」を参照 ムーンフェイズ セイコー5自動巻のムーンフェイズ 月の満ち欠け を表す機構。太陰暦の名残りであるが、間接的に海の満ち引きを表し、漁業、海運、貿易及び天体観測、占術などの分野で月齢は重要な指標とされる。 オーソドックスなデザインは文字盤に空けられた半円の窓内で円盤に描かれた 月 が見え隠れすることで満ち欠けが表現される。円盤には2つの月が描かれ59日で1回転する。このアイデアは 18世紀 の天才時計師 アブラアム=ルイ・ブレゲ の発明である。 月の満ち欠けの1周期 は平均29.530589日であるため965日で約1日の誤差が生じるが、特に精巧なものではより誤差を少なくしたものがある。このデザイン以外には、デイトカレンダーに似たシャッター表示式、複数の月が描かれた盤面上を月齢針または月盤で示すポインター表示式、金と黒に塗り分けられたボールが回転するもの等がまれに存在する。 24時間計のバリエーションとして、ムーンフェイズと同じような外観で円盤には太陽と三日月が描かれたものがあるが、これは24時間で1回転し昼夜の区別をする「サン&ムーン」機能と呼ばれている。 プラネタリウム ムーンフェイズ以外で、天体の運行を追尾する腕時計をプラネタリウムあるいは 天文腕時計 と呼ぶ。占星術の道具である アストロラーベ を自動表示をするもの、惑星の位置を表示するもの、月食や日食を予告するもの、月の位置を表示するもの、星座を自動で表示するものなどが存在する。機械式で有名なメーカーは ユリスナルダン 、クォーツ式を手がけるメーカーとして、 シチズン や アストロデア が挙げられる。 トゥールビヨン トゥールビヨン アブラアム=ルイ・ブレゲ が発明した技術で、脱進機に掛かる 重力 による誤差を補正するため、脱進機を回転させて重力の影響を分散する機構である。本来時計本体に固定されている部品を回転させるために非常に複雑な機構と高度な技術が要求され、一時は「世界でも製造できる職人は10人以下しかいない」等と言われたが、香港で量産化されるなどの動きもある。 詳細は「 トゥールビヨン (時計) 」を参照 リピーター 時計の側面のレバーを引くと、 鐘 の音色や回数で現在時刻を知らせてくれる機構。機械式腕時計でこれを実現するためには非常に高度な技術が必要とされる。分単位まで時刻を教えてくれるミニッツリピーターの他、5分単位までを教えてくれるファイブミニッツリピーター、15分単位までを教えてくれるクォーターリピーターも存在する。 詳細は「 リピーター (時計) 」を参照 ソヌリ 毎時ゼロ分になるとその時刻の数だけ鐘を鳴らして時報する機構。さらに15分単位で時報するものをグラン・ソヌリと呼ぶ。時報と同時に文字盤などに配されたカラクリ人形などのギミックが作動するオートマタと組み合わされることもある。 カレンダー 日 (デイト)及び日と 曜日 を示すもの(デイデイト)が一般的で、日・曜日・月を示すものはトリプルカレンダーと呼ばれる。数字による表示方法と盤面上を針(ポインター)で表示する方法がある。大型の日付針(デイトポインター)が時分針と共にセンターに配置されたものは識別のため針先が三日月型をしている。 月 、日、曜日、 暦年 が表示でき、4年に一度の 閏年 でも、2月末日から3月1日にかけての手動による日付補正の必要がないカレンダー機構を永久カレンダー(パーペチュアル)と呼ぶ。なお、閏年の2月末のみに日付補正が必要なセミ永久カレンダー、毎年の2月末のみに日付補正が必要な年次カレンダーも存在する。

ディジタル化による付加機能 [ 編集 ]

機械式時計と比較して、ディジタル時計には時間計測(ストップウォッチ)、カレンダ、アラームといった機能の他電卓やゲームといった計時とは関係のない機能の付加がはるかに容易であり、初期の頃からそういった付加機能付きの製品があった。さらに、各種センサー類を取り付けることによって、従来の時計とは異なる機能( 気温 、 気圧 測定、電子 コンパス など)といった、いわゆる「ディジタルガジェット」的機能が付け加えられた。 ディジタル時計は機能が複雑になるほど文字盤(ケース)の厚さが増す傾向がある。

性差・着用方法 [ 編集 ]

腕時計は 利き腕 と反対側の腕に着用することが多い。また女性の場合、盤面を腕の内側に向けて着用する例も比較的多いが、男性においてはまれである。女性用腕時計は男性用腕時計に比べて小型に設計されているが、中には必要以上に小型化されている例もある。男性用サイズと女性用サイズの中間的なサイズの腕時計はボーイズサイズと呼ばれる。

なお腕時計成立の経緯から腕時計登場当初は懐中時計に比べて略式とみなされ、礼装時に着用しないものとされてきたが、現在ではそのようなことは言われなくなった。

ブレスレットとベルト [ 編集 ]

腕時計が普及し始めたのは女性のアクセサリーとしてであり、 ブレスレット に時計のケースを取り付けたものが原点である。それに次いで実用的な道具として腕時計は強度と装着感が要求され、革ベルトにワイヤーを通してワイヤーの両端をケース本体に溶接するスタイルが生まれた。しかしベルトの損傷時などに取り外しが不便であることから、バネ棒をベルトの接合部に通しておき、このバネ棒をラグにはめ込むスタイルが確立し、現代まで続くことになる。これと併行してコマをつないで装着感と強度を両立させたブレスレットも登場・発展していき、やはりバネ棒を介してラグにはめ込むスタイルが採用された。NATOストラップのように引き通し式のベルトをバネ棒に直接通すベルトも存在する。

ブレスレット [ 編集 ]

ブレスレットの素材は比較的安価でメンテナンスが容易なステンレスが現在の主流である。その他金や鉄に鍍金したもの、 チタニウム などの金属がよく使用されている。まれに貝や骨、アクリル樹脂などのブレスレットも存在する。ブレスレットの形状には次のようなタイプと、特徴がある。ブレスレットはピンを調整することで腕周りを調整することができるのでベルトと比べて大きいサイズの腕時計を身につけられる。

ソリッドブロック 1個の金属塊から削りだされるブロックタイプのコマを、お互いにピンやネジで留める。比較的高価であるが、耐久性は高い。 ロールブロック 1つの金属板に、もう1つの金属板を巻き付けて、ブロック状に仕上げる。ソリッドブロックに比べると安価。加工が巧みで、一見してソリッドブロックのように見えるものもある。 メッシュ キメの細かい帯状のパーツを絡み合わせて作られる。加工が難しく廃れていたが、装着感に優れクラシカルなことから近年人気が復活してきている。 アジロ 「コ」状のコマを噛み合わせるように重ねて連結する。手の込んだ作りであるが、近年はあまり見られなくなった。 S字 S字型のプレートを板バネを介して連結し、伸縮する構造となっている。サイズ調整の面倒が少なくて済むが、可動部が多く手入れが面倒だったりプレートの間に体毛を挟みやすいなどの欠点もあり、やはり近年はあまり見られない。

現在の主流は、ケースと同素材のソリッドブロックか、ロールブロックである。横へ単連から10数連まで、ブロック=コマをピンやネジで繋ぎ留める。コマ数が多いほど、可動部分が多いために柔らかで装着感も良く、豪華な外観になるが、コストや手入れのし易さ、強度などの理由で、3連から7連が主流である。人間工学を駆使した独自の形状により、装着感を向上させるなどの工夫を施すメーカーもある。

ベルト [ 編集 ]

高級時計の場合、ベルトは伝統的に爬虫類、ほ乳類の動物の天然 皮革 が用いられる。一般論として、耐水性や見た目の豪華さで爬虫類の皮革が高級とされるが、装着感や安価という点では、ほ乳類の皮革が勝る。そのためカーフ革に高級感を持たせるために鰐皮のような紋様を型押ししたり、爬虫類系のベルトにカーフやラバーなどの裏打ちをすることが多い。いずれにしても表面は見た目の良い素材や部位を使用し、裏面は柔らかな素材や部位を用いて縫い合わせるのが一般的である。装着感を良くするため なめし 方に工夫するメーカーもある。また、この縫い合わせの糸のカラーがデザインのエッセンスとなる場合もある。近年では人造皮革が採用される例もある。ベルトはピンが存在しないので、ブレスレットと違い腕割りのサイズ調整が難しく、腕周りになるべく近いサイズを身に付ける必要がある。サイズによってはブレスレットの腕時計より小型の腕時計に為ることも少なくない。正装ではベルトの方が向いている。
hublot wiki

falske ure
Omega Montre
macasamhail Longines admiral
نسخة أوميغا سبيدماستر المهنية
أوميغا كوكبة السعر


Hublot[2] is a member of the Spade Pirates.[1]

AppearanceEdit

This is an empty section. Please help the wiki by adding information to it.

PersonalityEdit

Hublot cares greatly about his captain, Portgas D. Ace, since he was willing to defend him from Edward Newgate.[1] Hublot can also be somewhat disrespectful, laughing at Deuce's adventure diary despite the fact that it is his main aspiration of their travels.[3]

RelationshipsEdit

Portgas D. AceEdit

Like the rest of the Spade Pirates, Hublot cares greatly for his captain, defending him from a Yonko. However, he was not seen during the Battle of Marineford.

Masked DeuceEdit

Most of the Spade Pirates' crew members (excluding Skull, Mihar, and Kotatsu) read and laughed at Deuce's poor writing in his adventure diary. Because of this, their names were excluded from the diary.[3]

Abilities and PowersEdit

Hublot's abilities are unknown, but he and his crew were easily defeated by Newgate.[1]

WeaponsEdit

This is an empty section. Please help the wiki by adding information to it.

HistoryEdit

Making their MarkEdit

Hublot joined the Spade Pirates and traveled with Ace as he made a name for himself. He helped fight off a group of bounty hunters, and, when Isuka infiltrated the crew's ship, he surrounded the Marine Ensign alongside his crewmates. However, she easily fended them off. After the confrontation, the crew reached Sabaody Archipelago. While they waited for their ship to be coated, Hublot and his crewmates explored the island and secretly read Deuce's adventure diary. They laughed at his poor writing skills, leading Deuce to exclude their names from the diary.[3]

Encountering WhitebeardEdit

The Spade Pirates Prepare to Fight Whitebeard.

After Ace and Jinbe tied, Hublot and the other Spade Pirates defended their captain against Edward Newgate and were easily defeated. They were then taken into the Whitebeard Pirates like their captain.[1] Hublot has not been seen since his joining.

Major BattlesEdit

  • Spade Pirates vs. Bounty hunters[3]
  • Spade Pirates vs. Isuka[3]
  • Spade Pirates vs. Edward Newgate[1]

ReferencesEdit

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 One Piece Manga and Anime — Vol. 57 Chapter 552 and Episode 461, Hublot make his debut.
  2. ONE PIECE Magazine - Hublot and the rest of the Spade Pirates are named.
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 Novel A - Chapter 2, Leonero and his crew mates fight Isuka and reach Sabaody Archipelago.

Site NavigationEdit

[v · e · ?]
Spade Pirates
Crew: Portgas D. Ace   •  Masked Deuce  •  Skull  •  Mihar  •  Kotatsu  •  Saber  •  Aggie 68  •  Pinnacle  •  Ganryu  •  Ducky Bree  •  Ossamondo  •  Barry  •  Wallace  •  Banshee  •  Kukai  •  Dogya  •  Kimel  •  Cornelia  •  Leonero  •  Hublot
Affiliates: Whitebeard Pirates
Ship(s): Striker
Abilities
Devil Fruit Based: Mera Mera no Mi 
Fighting Style Based: Haki
Related Articles
Story Arcs: Marineford Arc  •  One Piece novel A
Others: Will of the D.
[v · e · ?]
Whitebeard Pirates
Members: Edward Newgate   •  Marco  •  Portgas D. Ace   •  Jozu  •  Thatch   •  Vista  •  Blamenco  •  Rakuyo  •  Namur  •  Blenheim  •  Curiel  •  Kingdew  •  Haruta  •  Atmos  •  Speed Jiru  •  Fossa  •  Izo  •  Marshall D. Teach   •  Kozuki Oden    •  Inuarashi   •  Nekomamushi   •  Stefan   •  Chameleone    •  Former Spade Pirates
Subordinate Captains and Crews: Doma  •  McGuy  •  Decalvan Brothers  •  Maelstrom Spider Pirates (Squard)  •  Elmy  •  Ramba  •  A.O Pirates (A.O)  •  Delacuaji  •  Zodia  •  Palms  •  Bizarre  •  Karma  •  Pavlik  •  Vitan  •  Islewan  •  Epoida  •  Kechatch  •  Little Oars Jr.  •  Choi  •  Arthur  •  Hangan  •  Reforte  •  Whitey Bay  •  Andre  •  Ninth  •  Blondie  •  Nosgarl  •  Amadob  •  Baggaley  •  Wallem  •  Brew  •  Brocca  •  Rush  •  Great Michael  •  Zucca  •  Cands  •  Kinga  •  Colscon  •  Agsilly  •  Julius  •  Happygun  •  Sleepy  •  Forliewbs
Ship(s): Moby Dick   •  Striker
Abilities
Devil Fruit Based: Gura Gura no Mi   •  Mera Mera no Mi   •  Yami Yami no Mi   •  Kopi Kopi no Mi  
Fighting Style Based: Haki
Related Articles
Story Arcs: Jaya Arc  •  Post-Enies Lobby Arc  •  Impel Down Arc  •  Marineford Arc  •  Post-War Arc
Locations: New World  •  Foodvalten  •  Fishman Island  •  Samba Island   •  Hand Island 
Others: Yonko  •  Blackbeard Pirates  •  Roger Pirates  •  Spade Pirates  •  Payback War  •  Will of the D.

Retrieved from "http://onepiece.wikia.com/wiki/Hublot?oldid=1440954"


Diesel Punk

http://static.tvtropes.org/pmwiki/pub/images/Dieselpunk_by_hayenmill2_8470.jpg
Because Steam Punk isn't dirty enough. Dieselpunk hovercraft by Alexey Lipatov.

Dieselpunk is a Punk Punk genre of Speculative Fiction based on the 1920s - 1950s period, spiced up with retro-futuristic innovations and occult elements. The dieselpunk narrative is characterized by conflict vs the undefeatable (nature, society, cosmic), strong use of technology, and Grey and Gray Morality. The protagonists are often Heroic Neutral and have low social status.

Generally, dieselpunk can take inspiration from 1920s German Expressionist films, Film Noir, 1930s Pulp Magazines and Radio Dramas, Crime and wartime comics, period propaganda films and newsreels, wartime pinups, and other entertainment of the early 20th century. As this covers a broad spectrum, the precise sources of inspiration can vary greatly between dieselpunk works. Like Steam Punk, Dieselpunk is a genre dictated primarily by its aesthetics rather than by its thematic content. Both grime and glamour have their place in dieselpunk.

Dieselpunk overlaps with Two-Fisted Tales and Raygun Gothic, but differs mostly in its Punk Punk theme. Two-Fisted Tales explore settings such as Heroic Fantasy, Space Opera, etc that are not properly a part of Dieselpunk, and Raygun Gothic tends to describe a period both chronologically and technologically later. Typically, Dieselpunk roots itself in urban and wartime settings of the 1920s to the late 1940s, both literally and figuratively 'down to earth'.

A common point of divergence from our timeline is that The Great Depression never happened, leading to further economic and technological growth and less of the warmongering typical of the inter-war era. World War II may still happen in some Dieselpunk settings, see below.

The term Dieselpunk was popularized by Lewis Pollak and Dan Ross in 2001 as the genre for their RPG Children of the Sun. Pollak stated that it was intended to be on the "darker, dirtier side of Steam Punk" and should be considered a "continuum between steampunk and Cyber Punk."[1]. (On the other hand, noted reviewer Ken Hite described Children as "Not really diesel, and not really punk.")

To be noted: unlike the 2000s, the Diesel-powered car in the 1930s was a rare curiosity, only a single model being put into small-scale production in Germany during that age (and almost exclusively used as a taxi), but on the other side the vast majority of the population could not afford cars back then. The life of an ordinary citizen was far deeper influenced by the oil-burning locomotive, bus, ocean liner or neighborhood power plant. Still, during this period steam engines were gradually being replaced by diesel engines in many areas.

Dieselpunk settings

General

Vastness is key. This was the age of the Zeppelin, the modern battleship and the ocean liner, the flying-boat airliner, and the skyscraper. It also saw the first multinational corporations, large-scale social engineering, and mass political movements. World War I was still fresh in memory as the Great War, the most colossal conflict in the history of mankind. Man is dwarfed by his creations and things are subsumed into abstractions.

Period technology encompasses everything found in Steam Punk, but internal combustion and electric power in combination with new materials (better alloys, plastics, etc) makes machinery lighter, stronger, and more versatile. The airliner is the prime example of this, but cars, trucks, tractors, and diesel-powered electrical generators are even more important in reshaping the world. Armored vehicles and useable submarines are less common but still important innovations. Wireless radio leads to the rise of broadcasting as an information medium. Anachronistic super-advanced technology, often of the Awesome, but Impractical variety, such as Giant Flyer, Spider Tank, Disintegrator Ray might occur. Such technology might be secret super weapons of a villain, or Homemade Inventions by the hero or his friends.

Although the dieselpunk aesthetic can overlap with Raygun Gothic, and though dieselpunk is known for featuring Tesla technology and Wunderwaffen-style super-weapons, dieselpunk typically does not include transistor-based technology, other electronics or atomic power. In fact, another Punk Punk genre, Atompunk, was coined to describe fiction in this mode. Atompunk (such as the Fallout series and the comic book Fear Agent) takes inspiration from 1950s-era aesthetics and fashions such as Googie architecture and Jetsons-style technology, which typically lie outside the bounds of dieselpunk. The analogue sci-fi of Metropolis and Things To Come are closer to the dieselpunk tradition as it stands.

Dieselpunk often focuses upon air travel and combat, including such ideas as literal "flying fortresses", air pirates, dirigibles, early UFOs, hotshot flyboy pilots, etc. Fascination for military hardware, weaponry and uniforms of the early 20th century is also often in evidence and a great amount of dieselpunk media is concerned with war, especially the Second World War and and fictional variations upon it. Owing to its pulp roots, dieselpunk is often very adventure-based, full of exotic locales such as Mysterious Antarctica, The Shangri-La, Hollow Earth etc. Some Geographic Flexibility is to be expected.

Dieselpunk fiction can encompass the supernatural as well. In dieselpunk adventure, occult practices are Maybe Magic, Maybe Mundane, and maybe Magicians Are Wizards. The works of H.P. Lovecraft, tales of Nazi occult research, contemporary expeditions to 'mystical' places such as Egypt, and early research into relativity and quantum physics have greatly contributed to the occult mystique that informs dieselpunk. This tends to contrast with the 19th-century Gothic themes and spiritualism that show up in Steam Punk.

As dieselpunk is a post-modern look at the past, it is not limited to the tropes and stereotypes that characterized fiction of the day — instead, it can use these tropes to comment upon the past and reinvent it. Dieselpunk (along with steampunk) can encompass a range of authorial voices and themes. Female characters in dieselpunk tend to be strong, encompassing flappers to pin-up girls and much more, and can include Rosie the Riveter-type action heroines, glamourous femme fatales, costumed crusaders, archaeologist badasses, dragon ladies, tough-talking reporters and other types common to pulp fiction of the era. Both male and female characters are typically Badass Normals with universal drivers' licenses.

Sub-subgenres are listed below as possible options of exploration, but as these categorizations may only describe one or two works, if any, they should be taken with a grain of salt.

Diesel Deco/Deco Punk

Also called "Ottensian" Dieselpunk after Nick Ottens, some guy on the Internet, who postulated it. This is the most optimistic form of dieselpunk. Progress seems unstoppable and the future is bright. Things are designed to be stylish and opulent, ornamental and efficient at the same time. Think Bauhaus architecture and design, Art Deco, Expressionism, the 1939 New York World Fair. A good setting for a Science Hero.

Diesel Noir

Similar to Diesel Deco, but generally Darker and Edgier. Emphasizes the downside of economic and technological progress. Society is plagued by crime and corruption, technology seems to be at its most effective in producing increasingly effective weaponry. The occult basically amounts to Black Magic (including exotic religions), Sealed Evil in a Can might turn up in an archeological dig and subsequently have to be stopped to avoid The End of the World as We Know It.

Diesel Weird War

World War II is being waged (or World War I in some instances), but one or both sides are introducing superweapons, alien technology and/or occult forces into the mix, often with one or more Mad Scientists behind it all. For a less extreme variant, something like the real-life exploits of the nascent Special Air Service in collaboration with the Long Range Desert Group (briefly, Lawrence of Arabia upgraded with blast-incendiary explosives and "gunship jeeps"). (See Weird Historical War.)

Diesel Dystopia

Also called "Piecraftian" Diesel Punk, again named for some guy on the Internet. World War II did start and may still be in progress; if it isn't, either some kind of Cold War is being waged, or a One World Order has been established. Either way, The Government is intrusive and ruthless, ostensibly to protect the citizens. The political ideology might be any kind of totalitarianism, either one of the many real life examples of the period, a mashup of those, or a completely fictional analogue.

Diesel Desolation

World War II did start and ended because there isn't anything left to fight over, and very few resources left to fight with, or even to sustain civilization. It's essentially a post-apocalyptic milieu, and certainly not a very common dieselpunk flavor.

See also the article How dieselpunk Works.


Examples:

    open/close all folders 

    Period Works 
Dieselpunk is a modern genre, but some of the films and books of the period fit well, in the same fashion that Jules Verne's books can be posed as Steam Punk.
  • Pretty much any Film Noir or crime film of the period
  • The surreal dystopian writing of Franz Kafka, e.g. The Metamorphosis (1915)
  • Some of the works of Karel Čapek
    • R.U.R. (1921)
    • War with the Newts (1936)
  • Most of The Soviet Twenties' sci-fi:
    • The Hyperboloid of Engineer Garin, a.k.a. The Garin Death Ray, (1926-1927) by Aleksey Nikolayevich Tolstoy. It falls between Diesel Noir and Diesel Weird War, as the author manages to poke some fun at The Roaring '20s and The Soviet Twenties between the lines and also to imagine a dystopian world where Capitalist and Socialist-Revolutionary forces fight each other with poison gas, airships and Death Rays.
    • Aelita, by the same author, about heroic Mad Scientist and Russian Civil War veteran flying to Mars, sparking a proletarian revolution there, and engaging in Inter Species Romance (though it turns out to be not so interspecies, after all, as the Martians are refugees from Atlantis). Notable for probably the first application of Relativity Theory in science fiction, use of Ancient Astronauts trope, and Atlantis myth. See also the 1924 film adaptation.
    • Some works by Mikhail Bulgakov, all are united by Gone Horribly Wrong trope, satire on contemporary reality, and scepticism towards communism.
      • The Fatal Eggs, about Attack of the 50-Foot Whatever, through unfortunate application of ray icreasing growth and size of organisms.
      • Ivan Vasilyevich — a Time Travel story, with wacky adventures and Black Comedy.
      • Heart of a Dog — Artificial Human as failure of New Soviet Man idea.
    • Loss Of Sensation — where robots look not like humans, but like retro-Mecha, and are used to destroy capitalist system and free workers.note 
  • By the director-writer couple Fritz Lang and Thea von Harbou:
    • Metropolis (1927), also a novel
    • Woman in the Moon (1929) features retro-space flight (strikingly realistic), The Flapper as one of the protagonists, a conspiracy of capitalists (including one Yellow Peril), a Mad Scientist (a benevolent version) and an atmosphere of pulp fiction of the epoch. Inspired several German rocket scientists, including Wernher von Braun, in their pioneer rocket work.
  • H.P. Lovecraft and his Cthulhu Mythos crop up frequently in dieselpunk.
    • The Colour Out of Space (1927)
    • The Dunwich Horror (1929)
    • At the Mountains of Madness (February-April, 1936)
    • The Shadow Over Innsmouth (April, 1936)
  • The Dick Tracy comic (1931-).
  • Frankenstein (1931) and Bride of Frankenstein (1935)
  • The Shape of Things to Come (1933) by H. G. Wells and its 1936 film adaptation Things to Come
  • The Mandrake the Magician comic (1934-).
  • The Phantom comic (1936-).
  • Non-Stop New York (1937): Noir intrigue 20 Minutes into the Future on a futuristic Streamline Moderne Flying Boat.
  • The Superman Theatrical Cartoons (1941-1943) by Max and Dave Fleischer. Also instrumental in solidifying the Raygun Gothic aesthetic.
  • Nineteen Eighty-Four (1948) by George Orwell
  • The Luft '46 and UnrealAircraft websites offer some pretty stunning examples of the aviation technology innovations that inspired futurists of that time and dieselpunk authors of our time.

    Film 
  • The Abominable Dr. Phibes (1971) is either very early Diesel Punk or very late Pulp Horror.
    • Dr. Phibes Rises Again (1972)
  • J-Men Forever (1979) by the The Firesign Theatre parodies this style.
  • The Indiana Jones films. In fact, if you want to explain dieselpunk to someone, the Indy films are probably the best place to start.
    • Raiders of the Lost Ark (1981)
    • Indiana Jones and the Temple of Doom (1984)
    • Indiana Jones and the Last Crusade (1989)
    • Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull (2008)
  • The Element of Crime (1984) combines Diesel Noir and Diesel Desolation, for very grim results.
  • Russian film Pervye na Lune ("First on the Moon") is a Mockumentary about secret Soviet flight to the Moon in 1938 (sic!), which features many elements of style of early USSR — parades of athletes, propaganda boasting about sports and industrial records, dreams about world revolution and building of communistic utopia, and omnipresence of NKVD surveillance with following purgings of dissidents.
  • Brazil (1985)
  • Batman (1989)
    • Batman Returns (1992)
  • The Rocketeer (1991)
  • Cast a Deadly Spell (1991)
  • The Hudsucker Proxy (1994).
  • The Shadow (1994)
  • The Mask (1994): A supernatural mask possessed by the spirit of the Norse god Loki transforms an introverted, awkward loser into a zoot-suited ladies man with cartoonish superpowers, and with an accompanying neo-swing soundtrack.
  • The City of Lost Children (1995) is heavily dieselpunkish in design, in a dark and ominous way. The same goes for the Playstation game based on it.
  • The 1995 film adaptation of Richard III by William Shakespeare. It is set in 1930s Britain (coupling Diesel Dystopia with Putting on the Reich and numerous Shout Outs to 1984)
  • The Phantom (1996)
  • Dark City (1998)
  • The Mummy Trilogy
    • The Mummy (1999)
    • The Mummy Returns (2001)
    • The Mummy: Tomb of the Dragon Emperor (2008)
  • 1999's Titus adapts the play Titus Andronicus by William Shakespeare to a surreal version of Fascist Italy, that seems trapped between dieselpunk and Ancient Rome.
  • Hellboy
    • Hellboy (2004)
    • Hellboy II: The Golden Army (2008)
  • Sky Captain and the World of Tomorrow (2004)
  • The Call of Cthulhu (2005)
  • In Tin Man (2007), parts of the O.Z. (especially Central City) have a strongly dieselpunk aesthetic.
  • Watchmen (2009) — the parts set in the 1930s and 1940s.
  • Mutant Chronicles (2009)
  • Yesterday Was A LieDark City meets Sin City meets quantum physics and the nature of reality.
  • Daybreakers — even though it's set in the future, it has substantial Diesel Punk aestethics.
  • The film Sucker Punch (2011) is heavy on the dieselpunk.
  • Captain America: The First Avenger (2011) It plays straight the trope in regards to technology used — creations of the 1940s blown Up to Eleven.
  • The Polish film Hardkor 44, currently in development, is heavily dieselpunk. Set in Warsaw in the summer of 1944, as the Soviet army bears down on Warsaw, it recounts the Warsaw Uprising by the Polish Resistance, to liberate the city before the Russians get there. Then things get weird. As in "The Nazis have cyborgs and mecha" weird.
  • An upcoming Hungarian film starring Mark Hamill, Thelomeris, is a mix of dieselpunk and clockpunk.
  • The live-action adaptation of Casshern (2004) takes place in an effectively-portrayed Diesel Weird War/Diesel Desolation setting.
  • Iron Sky (2012) contrasts the dieselpunk of the Moon Nazis against the white plastic/metal iTechnology of 20 Minutes into the Future.
  • Dimensions: a line, a loop, a tangle of threads, an independent film about time travel, set in the 1930s.
  • Dakota Harris includes alien technology, Nazi agents, a lost Polynesian civilisation, and a gang of Sky Pirates operating in the Bermuda Triangle.
  • War of the Worlds: Goliath takes place in an alternate 1914 on the cusp of World War I, with walking tanks and giant heavily armed airships thanks to retroengineered alien technology.

Films not specifically dieselpunk, but which are related or inspirational to the genre:
  • O Brother, Where Art Thou? does to the interbellum/Depression period what other dieselpunk films do to the deco and war periods.
  • Sin City doesn't actually include dieselpunk tech elements (although an incredibly high-tech medical science is at least hinted at), but as a revisionist neo-noir, it's definitely got a dieselpunk attitude.
  • Elements of Up, especially the younger days of Carl and his hero, explorer Charles F. Muntz.
  • Inglourious Basterds gives WWII an alternate history ending with some serious punk attitude.

    Anime and Manga 
  • Royal Space Force: The Wings of Honn