ƒŠƒnƒrƒŠƒe[ƒVƒ‡ƒ“ƒ‹[ƒ€bf—Èēàbˆã—Ö@l ˆÈS‰ï “ï”gˆã‰@ タグ時計

“à‰ÈA¬Ž™‰ÈAŒÄ‹zŠí‰ÈAƒAƒŒƒ‹ƒM[‰ÈA•úŽËü‰ÈAÁ‰»Ší‰ÈAƒŠƒnƒrƒŠƒe[ƒVƒ‡ƒ“‰È ˆã—Ö@l ˆÈS‰ï “ï”gˆã‰@

ˆã—Ö@l ˆÈS‰ï “ï”gˆã‰@

§ 712-8046 ‘q•~Žs•Ÿ“c’¬ŒÃV“c146”Ô’n‚Ì4

086-455-9009
  • ƒvƒ‰ƒCƒoƒV[ƒ|ƒŠƒV[
  • ƒTƒCƒgƒ}ƒbƒv

ŠO—ˆ‚Ì‚²ˆÄ“à

ŠO—ˆ‚Ì‚²ˆÄ“à

f—ÃŽžŠÔ‚Ì‚²ˆÄ“à

ŠO—ˆf—ÃŽó•tŽžŠÔ

ŒŽ—j“ú`“y—j“ú
Œß‘O8:00`ŒßŒã12:00
ŒßŒã14:30`ŒßŒã18:30
(¦–Ø—jE“y—j‚͌ߌã18:00‚Ü‚Å)

‹xf“ú

“ú—j“úEjÕ“ú

–ʉŠÔ

Œß‘O8:00`ŒßŒã21:00

086-455-9009

f—Èēà

ƒŠƒnƒrƒŠƒe[ƒVƒ‡ƒ“ƒ‹[ƒ€

ƒŠƒnƒrƒŠŽº‚ł́A‚³‚Ü‚´‚Ü‚ÈŽ¡—Ë@Ší‚ðˆãŽt‚ÌŽwŽ¦‚Ì‚à‚Æ‚ÅŽg—p‚µA‚³‚ç‚É•K—v‚ɉž‚¶‚Ä—Šw—Ö@Žm‚âì‹Æ—Ö@Žm‚É‚æ‚éŽ{p‚ðŽó‚¯‚邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚Ü‚·B

ƒCƒ“ƒuƒŒƒCƒX

ƒCƒ“ƒuƒŒƒCƒX
“ª‚ðo‚µ‚ăJƒvƒZƒ‹‚É“ü‚èAŠy‚ÈŽp¨‚Ŏ󂯂Ă¢‚½‚¾‚¯‚Ü‚·B‰“ÔŠOü‚Å‘Ì‚ð‰·‚ßAŒŒ‰t‚̏zŠÂ‚𑣂µAV’‘ãŽÓ‚ðŠˆ”­‚É‚µ‚Ü‚·BŒ¨‚±‚èA˜‚â•G‚̒ɂ݁AŽè‘«‚Ì‚µ‚Ñ‚ê‚ð‰ü‘P‚µA—₦«A•s–°AX”NŠúáŠQ‚ÉŒø‰Ê‚ª‚ ‚è‚Ü‚·B“à‘Ÿ‚Ì“®‚«‚ðŠˆ«‰»‚·‚邽‚߃_ƒCƒGƒbƒgŒø‰Ê‚à‚ ‚è‚Ü‚·B
ƒCƒ“ƒyƒŠƒAƒ‹

ƒCƒ“ƒyƒŠƒAƒ‹
‘SgŒ¡ˆø‚Æ‚¢‚¤•û–@‚ŁA˜‚âŽñ‚ÌŒ¡ˆø‚É‚æ‚è’É‚Ý‚ðŠÉ˜a‚µ‚Ü‚·B‹Ø“÷‚Ì‚±‚í‚΂è‚â’É‚Ý‚ð‚â‚í‚ç‚°‚éŒø‰Ê‚à‚ ‚è‚Ü‚·B“¯Žž‚Ƀ[ƒ‰[‚É‚æ‚éƒ}ƒbƒT[ƒW‚à‰Â”\‚Å‚·B
ƒ‚[ƒ‹ƒTƒ~ƒbƒg

ƒ‚[ƒ‹ƒTƒ~ƒbƒg
’áŽü”g‚É‚æ‚èA˜AŒ¨A•G‚È‚Ç‚Ì’É‚Ý‚ð‚â‚í‚ç‚°‚Ü‚·BƒsƒŠƒsƒŠ‚µ‚½Š´Šo‚Í‚È‚­‹CŽ‚¿‚æ‚­Ž¡—ªŽó‚¯‚ç‚ê‚Ü‚·BŠ³ŽÒ‚³‚܂̏Ǐó‚ɍ‡‚킹‚½Å“K‚È”gŒ`AŽü”g”AŽhŒƒƒpƒ^[ƒ“‚ðŽ©“®“I‚ɐݒè‚Å‚«‚Ü‚·B
S“d}

ƒzƒbƒgƒpƒbƒN
‹CŽ‚¿‚Ì—Ç‚¢‰õ“K‚ȉ·“x‚̃pƒbƒN‚ðŠ³•”‚É“–‚Ä‚ÄŽ¡—Âðs‚¢‚Ü‚·B”­Š¾‚𑣂µAŒŒs‰ü‘PA‹ÇŠzŠÂ‰ü‘P‚ÉŒø‰Ê‚ª‚ ‚èA’ɂ݂̊ɘa‚âƒRƒŠ‚ð‚Ù‚®‚·“™‚Ì–Ú“I‚ÅŽg—p‚³‚ê‚Ü‚·B
ƒ`ƒ‹ƒgƒe[ƒuƒ‹

ƒ`ƒ‹ƒgƒe[ƒuƒ‹
ƒe[ƒuƒ‹‚̏ã‚É‹ÂŒü‚¯‚ɉ¡‚É‚È‚èAˆÀ‘Sƒxƒ‹ƒg‚ŌŒ肵‚ăe[ƒuƒ‹‚ðŒX‚¯A‚ä‚Á‚­‚è‚Æ‹N—§Žp¨‚ð‚Ƃ邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚Ü‚·BQ‚½‚«‚è‚É‚È‚ç‚È‚¢‚½‚߂ɁA—§‚Á‚½Žp¨‚ÅŠp“x‚𒲐߂µ‚È‚ª‚烊ƒnƒrƒŠ‚ª‚Å‚«‚Ü‚·B
ƒƒ}ƒh[

ƒƒhƒ}[
‹CŽº\‘¢‚Ì‘•’u‚ɉº”¼g‚ð“ü‚êA‹ó‹C‚É‚æ‚é‰Áˆ³E™ˆ³‚ÌŒJ‚è•Ô‚µ‚É‚æ‚Á‚āAŒø‰Ê“I‚ȃ}ƒbƒT[ƒW‚ðs‚¢‚Ü‚·BŒŒ‰tEƒŠƒ“ƒp‰t‚Ì—¬‚ê‚ð‚æ‚­‚µ‚āA‰º”¼g‚Ì”æ‚êAƒRƒŠA‚Þ‚­‚Ý‚ÉŒø‰Ê‚ª‚ ‚è‚Ü‚·B
ƒƒCƒvƒ‹

ƒƒCƒvƒ‹
Œz’ÅŒ¡ˆø‚Ɖ·”MA‚³‚ç‚Ƀ[ƒ‰[‚Ń}ƒbƒT[ƒW‚ð‚·‚éŽ¡—Êí‚Å‚·B‘Sg‚̃Šƒ‰ƒNƒ[[ƒVƒ‡ƒ“‚ð–Ú“I‚Æ‚µ‚āAƒXƒgƒŒƒX‚ðŒy‚­‚µƒRƒŠ‚ð‚Ù‚®‚µ‚Ü‚·B”æ˜J‰ñ•œ‚⌌s‰ü‘PAŒ¨‚±‚è‚âŒÜ\Œ¨‚È‚Ç‚ÉŒø‰Ê‚ª‚ ‚è‚Ü‚·B
ƒŒ[ƒU[Ž¡—Êí

ƒŒ[ƒU[Ž¡—Êí
ƒŒ[ƒU[Œõ‚ðŽg‚Á‚½’ɂ݂̊ɘaŽ¡—Êí‚Å‚·BƒŒ[ƒU[Œõ‚͐[•”‚Ü‚ÅŽ¡—Âł«‚邽‚߁A‹Ø“÷’ɁAŠÖß’ɁAÀœ_Œo’É‚È‚Ç‚³‚Ü‚´‚Ü‚ÈŽ¡—ÃŒø‰Ê‚ªŠú‘Ò‚Å‚«‚Ü‚·B
ƒCƒ“ƒuƒŒƒCƒX

ƒƒCƒ„ƒ‹ƒNƒ‰ƒEƒ“
ƒ[ƒ‰[‚âU“®‚ÌŽhŒƒ‚Ń}ƒbƒT[ƒW‚ð‚µ‚È‚ª‚çAŒ¡ˆø‚ðs‚¤‘Sg•¡‡Ž¡—Êí‚Å‚·BŒz’ŁA˜’Å‚ÌŒ¡ˆø‚ð‚Í‚¶‚߁AŒÒŠÖß‚â•GA‘«AŒ¨A‚Ђ¶“™‚Ì•”•ªŒ¡ˆø‚às‚¢‚Ü‚·B¿œ_Œo’É‚É‚àŒø‰Ê‚ª‚ ‚è‚Ü‚·B
ƒŒ[ƒU[Ž¡—Êí

ƒ}ƒWƒbƒNƒwƒ‹ƒXiU“®ƒgƒŒ[ƒjƒ“ƒO‘•’uj
U“®”‚ɏæ‚邾‚¯‚ʼnÁ‘¬“x‚ª‰Á‚í‚èAƒ_ƒCƒGƒbƒgiŽ‰–bŒ¸­jA‰ºŽˆ‹­‰»Aƒoƒ‰ƒ“ƒXƒAƒbƒv‚ÌŒø‰Ê‚ª‚ ‚è‚Ü‚·B‚Ü‚½AU“®‚É‚æ‚éƒ}ƒbƒT[ƒWŒø‰Ê‚Å‹rAŒ¨A˜‚È‚Ç‚Ì”æ‚ꂪ‚Æ‚ê‚Ü‚·B
ƒCƒ“ƒuƒŒƒCƒX

ƒgƒŒƒbƒhƒ~ƒ‹
ƒ‰ƒ“ƒjƒ“ƒO‚âƒEƒH[ƒLƒ“ƒO‚ðs‚¤‚½‚ß‚ÌŠí‹ï‚Å‚·B‘¬“x‚𒲐߂·‚邱‚Æ‚É‚æ‚Á‚ÄŒø‰Ê“I‚É—LŽ_‘f‰^“®‚ª‚Å‚«A‰ºŽˆ‹Ø—͂ƐS”x‹@”\‚Ì‹­‰»Aƒ_ƒCƒGƒbƒgAŽ‹v—ÍŒüã‚ÉŒø‰Ê‚ª‚ ‚è‚Ü‚·B

タグ時計

Cartier Roadster
orologi da uomo di replica
replica katsella omega
umar cartier
kopi omega uk

‹†‹É‚̈êû‚ð‹³‚¦‚ ‚¤A’´w–{xŠi‰ï‹cI

| 個別ページ | コメント(1) | トラックバック(5)

150l‚Ì•ûX‚É‚²ŽQ‰Á‚¢‚½‚¾‚«Š´Œƒ‚µ‚½–Y”N‰ï‹cB‹´–{•“cŒû‚̃Rƒ“ƒr‚Í’²Žq‚ɏæ‚Á‚āA–ˆŒŽƒe[ƒ}‚ð•Ï‚¦‚ÄŠJÃ‚ðŠé‚Ý‚Ü‚µ‚½B‘O‰ñ‚ł́A‹†‹É‚ÌWebƒTƒCƒg‚ðŽ‚¿Šñ‚è’mŽ¯‚ÌŒðŠ·‚ð‚µ‚Ü‚µ‚½‚ªA¡‰ñ‚̓e[ƒ}‚Í‚¸‚΂è–{B‹†‹É‚̈êûƒlƒ^‚Ő·‚èã‚ª‚è‚Ü‚¹‚ñ‚©H

‚±‚̃VƒŠ[ƒY‚́AŽQ‰ÁŽÒ‚ÌŠF‚³‚ñ‚Ì’mŽ¯‚ðŒ‹W‚µ‚Ä–³“G‚̃rƒWƒlƒXƒp[ƒXƒ“A–³“G‚̐¶ŠˆŽÒ‚ð–ÚŽw‚µ‚Ü‚µ‚傤‚Æ‚¢‚¤AŽïŽ|‚ŁAu–³“G‰ï‹cvƒVƒŠ[ƒY‚Æ–¼‚¯‚Ü‚µ‚½B1ŒŽ‚Í‚»‚Ì‘æˆê‰ñ‚Å‚·B­‚µ“ú’ö‚ª‹}‚É‚È‚Á‚Ä‚µ‚Ü‚¢‚Ü‚µ‚Ä‹°k‚Å‚·‚ªA‚²–ž‘«‚¢‚½‚¾‚¯‚é‚悤‚È‹¤‘n‚̏ê‚ðƒvƒƒfƒ…[ƒX‚Å‚«‚é‚悤Šæ’£‚è‚Ü‚·‚Ì‚Å‚º‚Ђ²—ˆê‚ðI


’´@w–{x@Ši@‰ï@‹c@ŽÀ@s@ˆÏ@ˆõ@‰ï
‹†‹É‚̈êû‚ð‹³‚¦‚ ‚¤A’´w–{xŠi‰ï‹cI
` ‘Ð‚̃rƒWƒlƒXŠˆ—pƒmƒEƒnƒE‚Å2004”N‚àŠ®‘S•‘• `
http://www.project-on.com/
bookconf0401.gif

2004/01/29(–Ø) 19:40-22:00

“ú–{‚Å‚Í”NŠÔ8–œû‹ß‚¢VŠ§–{‚ªo”Å‚³‚ê‚Ä‚¢‚Ü‚·B‚È‚©‚È‚©“Ç‚Ý‚«‚ê‚Ü‚¹‚ñB
‚½‚¾A“Ǐ‘‚Å“¾‚ç‚ê‚é’mŽ¯‚Í–³ŒÀ‚̉”\«‚ª‚ ‚è‚Ü‚·B

Å‹ßAWeb‚⃁[ƒ‹ƒ}ƒKƒWƒ“‚Æ‚¢‚Á‚½ƒlƒbƒg‚̏î•ñ‚ւ̈ˑ¶“x‚ª‚‚Ü‚é’†AŽ†
‚Ì–{‚̏î•ñ‚̓rƒWƒlƒX‚␶Šˆ‚ŁA“¯—»‚â—Fl‚É‘å‚«‚­·‚ð‚‚¯‚éƒ|ƒCƒ“ƒg‚É‚È‚Á
‚Ä‚«‚Ä‚¢‚é‚È‚ÆŽv‚¤‚Ì‚Å‚·B

‚»E‚±E‚ŁAŽ„‚½‚¿‚͍l‚¦‚Ü‚µ‚½B

u‚ЂƂè‚̗͂͏¬‚³‚¢‚¯‚ê‚Ç–³”‚Ì–{D‚«‚̐l‚½‚¿‚Ì’mŽ¯‚ðŒ‹W‚·‚ê‚΁Iv

‚ ‚È‚½‚Ì‹†‹É‚̈êû‚͉½‚Æ‚¢‚¤–{‚Å‚·‚©H

–¾“úA¢ŠE‚ªI‚í‚é‚Æ‚µ‚āA‚à‚¤ˆê“x“Ç‚Ý•Ô‚µ‚½‚¢ˆêûBƒrƒWƒlƒX‚Ŗ𗧂Á‚½
‚ ‚̈êûBuƒRƒŒ‚ÅŽ„A‰ïŽÐ‚ðŽ«‚ß‚Ü‚µ‚½v‚ȈêûB‚±‚Ì–{‚ª‚ ‚Á‚½‚©‚ç”[Šú
‚ɊԂɍ‡‚Á‚½ˆêûBˆê–ׂ¯‚³‚¹‚Ä‚à‚ç‚Á‚½ˆêûB–³l“‡‚Ö‚à‚Á‚čs‚«‚½‚¢ˆêûB

d—v‚È‚Ì‚Í‹†‹É‚ɍi‚荞‚ñ‚¾A‚½‚¾ˆêûB‚»‚ê‚ðŠÈ’P‚È——R•t‚Å‹³‚¦‚Ä‚­‚¾‚³
‚¢B‚Ý‚ñ‚ȂŁA‚»‚̃xƒXƒg–{î•ñ‚ðŒðŠ·‚µ‚Ü‚µ‚傤BŽQ‰ÁŽÒ‚ª50l‚¢‚ê‚΁Aˆê
–é‚Å‹†‹É‚Ì50û‚ð’m‚邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚é‚Ì‚Å‚·B

¡ ŽÀŽ{—vj

“úŽž@@2004”N01ŒŽ29“úi‹àj 19:40-22:00i19:30Žó•tŠJŽnj
êŠ@@ƒfƒWƒ^ƒ‹ƒnƒŠƒEƒbƒha’JZ
@@@@§150-0042 “Œ‹ž“sa’J‹æ“¹Œºâ2-25-12 “¹ŒºâƒJƒuƒgƒrƒ‹4F
@@@@i’n}j
”ï—p@@3,000‰~iÅžA“–“úŒ»‹à•¥j
’èˆõ@@50–¼iæ’…‡j
Ž‚¿•¨@•M‹L—p‹ï
ŽåÃ@@‹´–{‘å–çiPassion for the Futurej
@@@@•SŽ®ŠÇ—li•SŽ®j
‹¦Ž^@@ƒfƒWƒ^ƒ‹ƒnƒŠƒEƒbƒhŠ”Ž®‰ïŽÐ

¡ ŽQ‰Á‚Ì•û–@

‚±‚ê‚͉ï‹c‚Å‚·B‘SˆõŽQ‰Á‚Å‚·BŽQ‰Á‚·‚é‚ɂ́A‚ ‚È‚½‚Ì‹†‹É‚̈êû‚Æ‚»‚Ì—
—R‚ð‹³‚¦‚Ä‚­‚¾‚³‚¢B

‚Ç‚ñ‚ȈӖ¡‚Å‹†‹É‚Æ‚¢‚¤‚ƁA—Ⴆ‚΁A

El¶ŠÏ‚ð•Ï‚¦‚½ˆêû
E‚ ‚È‚½‚̍s“®‚ð•Ï‚¦‚½ˆêû
E–³l“‡‚ÉŽ‚Á‚čs‚«‚½‚¢ˆêû
E‚±‚ê‚Ŗׂ©‚Á‚½ˆêû
E‚±‚ê‚Ń‚ƒe‚Ü‚­‚Á‚½ˆêû

‚»‚ñ‚ÈŽ©—R‚ȈӖ¡‚Å‚Ì‹†‹É‚Å‚·B‚»‚µ‚Ä——R‚ðˆêŒ¾‚¨Šè‚¢‚µ‚Ü‚·BŽv‚¢“ü‚ꂱ
‚»‘åØ‚Å‚·B“à—e‚̉ðà‚æ‚è‚àA‘¼‚̐l‚É‚¨‘E‚ß‚·‚镶Í‚ªƒxƒXƒg‚Å‚·B

ŽQ‰ÁŽÒ‚ÌŠF‚³‚ñ‚É‚Í“–“ú“ŠeŒ‹‰Ê‚ðˆóü‚µ‚Ä”z•z‚³‚¹‚Ä‚¢‚½‚¾‚«‚Ü‚·B

‚Ü‚½A“Še‚¾‚¯‚ÌŽQ‰Á‚à‰Â”\‚Å‚·B“Še‚µ‚Ä‚¢‚½‚¾‚¢‚½•û‘Sˆõ‚ɁAŒã“úu’´–{
Ši‰ï‹cA‚ ‚È‚½‚ð•Ï‚¦‚鋆‹É‚̈êûIi—v–ñ”Łjv‚ð”z•z‚¢‚½‚µ‚Ü‚·B

¡ ƒvƒƒOƒ‰ƒ€

@‘æˆê•”@ƒtƒŠ[ƒg[ƒN i60•ªj

J‚Ì‘¬“ǃƒ\ƒbƒh“O’ê‰ð–UB–{“–‚É3”{‘¬‚­“Ç‚ß‚é‚Ì‚©H‘ÌŒ±‚Æ”äŠr•ªÍi‹´–{j
–{’T‚µ‚Ì7‚“¹‹ïB‘“X‚ŁAƒlƒbƒg‚ŁAãŽè‚É’T‚·•û–@‚ƃc[ƒ‹
“Ǐ‘p‚ƈêŒû‚ÉŒ¾‚¢‚Ü‚µ‚Ä‚à\Œû‚­‚ç‚¢Œ¾‚킹‚āB–{‚ð—‰ð‚µAŽg‚Á‚āA‰Ò‚®pB
—m‘‚Å“Ç‚Ý‰ð‚­ŠCŠO“®ŒüBŽŸ‚Í‚±‚ꂪ“ú–{ã—¤‚Æ“Æ’f—\•ñ‚ð3˜A”­i“cŒûj
–{‚ð‘‚«‚½‚¢AŽGŽ‚ɏ‘‚«‚½‚¢A–ׂ©‚é‚́Hƒ‰ƒCƒ^[ŽdŽ–‚Ì— ‘¤‚¨Œ©‚¹‚µ‚Ü‚·
“dŽq‘Ð‚ªƒuƒŒƒCƒNH‚·‚é‚©‚µ‚È‚¢‚©‘匟ØBæ’[‹ZpAƒrƒWƒlƒX‚ðƒsƒbƒNƒAƒbƒv
@‘æƒj•”@’´–{Ši‰ï‹c i30•ªj

‰ï‹c‚̃tƒ@ƒVƒŠƒe[ƒVƒ‡ƒ“‹Zp‚ðŽg‚Á‚½ƒCƒ“ƒ^ƒ‰ƒNƒeƒBƒuƒZƒbƒVƒ‡ƒ“BƒOƒ‹[ƒv‚É•ª‚©‚ê‚Ä‚ ‚éƒe[ƒ}‚ɂ‚¢‚Ä‹c˜_‚µ‚Ä‚¢‚½‚¾‚«‚Ü‚·Bƒe[ƒ}‚Í“–“ú”­•\‚µ‚Ü‚·B
@‘æŽO•”@Œ‹‰Ê”­•\ i30•ªj

‰ï‹c“à—e‚Ì”­•\
‹´–{A“cŒû‚ªŽQ‰ÁŽÒ“Še‚©‚ç‘I‚Ô“Æ’f‚Æ•ÎŒ©‚́w‹†‹É‚Ì‹†‹É‚̃xƒXƒg–{x
@‘æŽl•”@–¼ŽhŒðŠ·‚ƌ𗬉ï

–¼Žh‚Æ‚»‚êˆÈŠO‚Ì‚ ‚ç‚ä‚é‚à‚Ì‚ðŒðŠ·B

¡ “ŠeE‚¨\ž‚Ý‚Í‚±‚¿‚ç‚©‚ç

‰ï‹c‚Ö‚ÌŽQ‰Á‚¨\ž‚݁A‹†‹É–{‚Ì“Še‚͉º‚©‚ç‚Ç‚¤‚¼B

EŽQ‰Á‚¨\ž‚݁A“ŠeŽó•t
http://www.project-on.com/detail.html

¡ ‚¨–⍇‚¹

‚±‚̃Cƒxƒ“ƒg‚ÉŠÖ‚·‚邨–⍇‚¹AŽæÞ‚Ì‚¨\ž‚Ý‚Í info@project-on.com ‚Ü
‚Å‚¨Šè‚¢‚¢‚½‚µ‚Ü‚·B

----------------------------------------------------------------------
’´@–{@Ši@‰ï@‹c@ŽÀ@s@ˆÏ@ˆõ@‰ï
http://www.project-on.com/
info@project-on.com
----------------------------------------------------------------------

トラックバック(5)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ‹†‹É‚̈êû‚ð‹³‚¦‚ ‚¤A’´w–{xŠi‰ï‹cI

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.ringolab.com/mt/mt-tb.cgi/1183

» TB:究極の一冊を教えあう、超『本』格会議!(SoundLife)~のトラックバック

Passion For The Future:橋本大也のエントリーにトラックバック。彼らのスピード、というか(頭の)回転の速さを体験したい方は是非行かれるとイイと思います。去年の忘年会議に参加しました... 続きを読む

» Ķ¡ØËܡٳʲñµÄ¡¢¤ª¤â¤·¤í¤½¡Á¡ª¡ª¡ª(¿Í¤Ï´¶¾ð¤ÎÀ¸¤­Êª¤À¡ª)~のトラックバック

Passion For The Future ¤Ë¤Æ¤à¤Ã¤Á¤ã¤ª¤â¤·¤í¤½¤¦¤Ê¥¤¥Ù¥ó¥È¤Î¹ðÃΤòȯ¸«¡ª Âꤷ¤Æ¡¢µæ¶Ë¤Î°ìºý¤ò¶µ¤¨¤¢¤¦¡¢Ä¶¡ØËܡٳʲñµÄ¡ª¡£ ¶¶ËÜÂçÌ餵¤ó¡õÅĸý¸µ¤µ¤ó¤ÎÆó¿Í¤¬ºòǯËö¤Î¡Ö˺ǯ²ñµÄ¡×¤Ë°ú¤­Â³¤¤¤ÆΩ¤Á¾å¤²¤ë´ë²è¤È¤Î¤³¤È¡£¤³¤Î¹ðÃΤò¸«¤ë¤À¤±¤Ç¥ï¥¯¥ï¥¯¤·¤Æ¤¯¤ë¡... 続きを読む

» 【奇跡継続中】「ついてる」と言い続けてたら『超本格会議』に招待された。(俺と100冊の成功本 blog.自己啓発.com)~のトラックバック

 相変わらず、「ついてる」と言い続けてるわけですが、  最近は無理やり言ってるというよりは、本当についています。 不思議です。奇跡です。 で、今回の奇跡はなんとあの「超本格... 続きを読む

» 【奇跡】超本格会議で、奇跡を体験しよう。【体験】(俺と100冊の成功本 blog.自己啓発.com)~のトラックバック

 Passion For The Futureの橋本大也さんに「超本格会議で、5分位、成功本やサイトについて、何か説明したり、紹介してください」と言われたので、あたふたしております。  あわてて、「ã... 続きを読む

» 【奇跡】超本格会議で、奇跡を体験しよう。【体験】(俺と100冊の成功本 blog.自己啓発.com)~のトラックバック

 Passion For The Futureの橋本大也さんに「超本格会議で、5分位、成功本やサイトについて、何か説明したり、紹介してください」と言われたので、あたふたしております。  あわてて、「ã... 続きを読む

コメント(1)

‚â‚Ü‚´‚« :

Trackback‚ª•¶Žš‰»‚¯‚µ‚Ä‚µ‚Ü‚¢‚Ü‚µ‚½B\‚µ–ó‚È‚¢‚Å‚·B

コメントする

このブログ記事について

このページは、daiyaが2004年1月22日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「•SŽ®2û“¯Žžo”Å‚ÆŠÇ—l‚Ö‚Ì7‚‚̎¿–â」です。

次のブログ記事は「l‚Í‚Ç‚¤‚µ‚Ä”æ‚ê‚é‚Ì‚©」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

  • 購読する このブログを購読
Powered by Movable Type 4.1


みかん日記 好きなんやもん

2010年5月30日

ご無沙汰しておりました。

umegokuwase 001.jpg半年近く、ご無沙汰しておりました。 皆さん、お元気にお過ごしでいらした事と思います。 私も 病院通いはしているものの元気で過ごさせて頂いております。

末娘も 今年、京都の大学に進んだ事もあって、お正月過ぎてからは
娘につきっきり。
不安定な心境を支えるのに必至でした。

今の娘と言ったら、その時のことは、すっかり忘れてしまって
大学生活をエンジョイしています!(^^)!

そうそう、今年のみかんの出来具合の予想ですが、花芽が霜にやられた畑が
あったりで 収穫は、2、3割減になりそうです。

■紀州みかん・南高梅干専門店 紀伊の実

2010年1月 1日

明けましておめでとうございます。

350px.sinnen.jpg

新年明けましておめでとうございます。
皆様、良い新年をお迎えの事と思います。

旧年中は、私事で大変ご心配をお掛け致しました。
コメントを頂いていたにも 関わらず、お返事もできずに
申し訳御座いませんでした。
気力体力共に 限界の経験を経て、元気になった今思うと
お返事も書けなかった事が後悔です。
ですが、辛い時にコメントを読み返しては、くじけたら
ダメだと思い、頑張れました。
本当にありがとうございました。

近況:去年1年の治療・療養を経て、ずいぶん元気になれました。

皆さんのエールに支えられて、ここまで来れたと思います。
支えて頂きましたご恩は、忘れません。
これからも 私の心の支えとして宝物にさせて頂きたいと思います。

今年も より一層、美味しいみかんだね。と言われるように
ノロノロですが、着実に頑張っていきたいと思っております。

今年も どうか宜しくお願い致します。

■紀州みかん・南高梅干専門店 紀伊の実

2009年1月20日

行って来ま~す♪

私が、お医者さんから入院治療を勧められたのは、今から4年前でした。
その頃は、ブログの毎日更新、慣れないHP製作、もう一つの事業と
寝る間も惜しんで頑張っていたときのことなので お医者さんには、
即答でNOの返事をしました。
入院治療を勧められても 自分自身は、元気ハツラツだったので
病気なのも忘れて、仕事に没頭できたのでした。
そんな日々を送っていた時に 私の一生懸命な仕事振りが好きで 
いつも私の話相手になってくれ、励ましてくれた父が
余命いくばくもない病気になり、我が身に何が振りかかろうとも 
何よりも父を優先と決めました。
そんな時、私の担当医より再度入院治療のオファーがきました(>_<)
けれど、きついその治療に 父を看護している身では、絶対に無理であるとの
判断で 先延ばしに・・・

そして、一昨年の5月に最愛の父との別れ。
父が亡くなって、しばらくして治療開始しなければと思っていたのですが
そんな気分になれず、息子の大学受験も重なって、とうとう今まで
引っ張ってしまいました。

本来の自分のスタンスであれば、ブログのお友達の所を尋ねて、コメントしたり
ブログを更新するというのは当たり前でした。
また、そういうスタンスに戻れることができるよう色々考えました。
自分の事業を私が居なくても立ち行くよう3年かけて準備し、みかんの
繁忙期も過ぎた今、自分の病気に立ち向かえる環境になり
病気を克服して、本来の自分のスタンスを取り戻せる日も見えてきました。

この場を借りて、こんな事を言うのは可笑しいかも知れません。
仕事人としては、甘えているんじゃないのとも取れるのですが
ただ、このブログは、仕事人の私の声を発するところでもありますが
個人としての私の声を発する場でもあると思えたのです。

半年以上の加療期間ですが、気分の優れたときには、写真を撮りに行ったり
小旅行に出かけたり、ブログのお友達との交流を楽しみに
頑張って、元気になりたいと思っています。
担当医の先生は、90%治ると仰って下さっていますので
頑張り甲斐もあります(^^)

いっぱい、いっぱい励ましてくださった私の大切なお友達
お客様以上のお付き合いをしてくださる大切なお客様
向上心豊かな素敵な仲間達
      有難う御座いました。
こんな私ですが、これからも どうか宜しくお願い致します。

■紀州みかん・南高梅干専門店 紀伊の実

2009年1月 5日

紀伊の実 オリジナル・フレッシュみかんジュース





※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。


SMILE IS BEST オリジナルみかんジュース by ちーさんさん




カンタンCM作成サイト コマーシャライザー




■紀州みかん・南高梅干専門店 紀伊の実

2009年1月 1日

新年明けましておめでとう御座います。

 

 

 

 

 

 

あまり更新できなかった1年でしたが、沢山の方に支えられて新年を迎える事ができました。
今年1年は、身体を想う1年と位置づけて、1日1日を充実させていきたいと思っています。
何かと至らない部分も出てくると思いますが、宜しくお願い致します。

■紀州みかん・南高梅干専門店 紀伊の実

2008年10月31日

紅葉の穂高から立山を望む

hodaka12.450.jpg

 

標高 2000m

展望台から望む立山

夕闇迫る穂高より

立山を望む。

 

綺麗な空の色、雄大な山の姿

感動と共に深呼吸

 

■紀州みかん・南高梅干専門店 紀伊の実

2008年10月17日

紅葉の穂高 



















ここまで来ると 紅葉も進んでます。

和歌山は、まだ緑ばかりなのに

ここは別世界♪


 

紅葉した木に 赤い実がなっていて思わず

   パチリ!(^^)!

赤い実のバックには、岩肌の見えた山が見えます。

風景は最高でした。(渋滞の車の中からの撮影)

しかし、穂高に向かう山の中の道路は、大渋滞。

高山から穂高まで 4時間もかかってしまったのでした。

■紀州みかん・南高梅干専門店 紀伊の実

2008年9月17日

みかん畑の友情

cocoto1.jpg

先日、みかん農家さんを訪問した時の写真です。
後継者の○○さん・ベビーちゃんです。

この日、cocoを連れて出かけたのですが、ベビーちゃんとcocoは
意気投合。

しばらく、楽しいひとときを過ごしたのでした。

そうそう、極早生温州みかん(青きり)は早くも 新品種が出荷されていますが、
新品種のお取り扱いに 少し慎重になっていまして
まだ、アップしていません。
今年は、ご紹介できないかもしれないのですが
来年、HPで販売できるよう目指して頑張ります(^^)
味に こだわります(^^)

■紀州みかん・南高梅干専門店 紀伊の実

2008年8月18日

太地 くじら博物館2

そうそう、くじらの歯って言えば、このくじらの歯、すごいですよね~。
えさを頂戴、頂戴と寄ってくるんですよ。
えさを見せると  あ~~~ん
って、大きな口を開けます。
太地のくじら博物館では、色んな体験が出来て楽しいですね♪

>

最初の写真・・・イルカだったか、くじらだったか忘れてしまいました。
見た感じは、イルカですね(>_<)
でもイルカって歯くじら科に属するので 似ていても不思議ではないですね。
(言い訳^^;)

■紀州みかん・南高梅干専門店 紀伊の実

2008年8月13日

太地 くじら博物館1

syati1.jpg
くじら博物館:シャチ

そう言えば、何年か前に太地で シャチの親子5頭を湾に追い込んで
捕獲したのを見に来た事がありました。
悲しげに「キュィ~ン、キュィ~ン」と泣いていたのを思い出します。
捕獲されたシャチの2頭はどこかの水族館に買われていった記憶が。

taiji1.jpg

イルカと遊ぶ観光客。
楽しい思い出になったかな。

■紀州みかん・南高梅干専門店 紀伊の実

Calendar

2016年4月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のエントリー

  • ご無沙汰しておりました。
  • 明けましておめでとうございます。
  • 行って来ま~す♪
  • 紀伊の実 オリジナル・フレッシュみかんジュース
  • 新年明けましておめでとう御座います。
  • 紅葉の穂高から立山を望む
  • 紅葉の穂高 
  • みかん畑の友情
  • 太地 くじら博物館2
  • 太地 くじら博物館1
このブログのフィードを取得
[フィードとは]

カテゴリー

アーカイブ

  • 2010年5月
  • 2010年1月
  • 2009年1月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年5月
  • 2008年1月
  • 2007年11月
Powered by
Movable Type